Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:旅行( 120 )

赤城山へドライブ旅行

久しぶりにきょうだいでドライブ旅行しました。
数年前はまだ夜も明けぬうちに出発して夜中に帰宅するようなドライブでしたが
今回は我が家を7時に何時ものメンバーでゆっくり出発しました。
皆歳を重ねてそんな年齢になってきました。

行先はテレビで映し出された赤城山、紅葉が見ごろだという。
途中農産物直売所や道の駅などに寄りながらわいわいがやがや賑やかな道中です。

道の駅で見かけた鉢植えの赤い実が目につきました。
d0093936_17433452.jpg
昼食は弟夫婦顔なじみのだんべうどん、
混んでいてしばらく待ちました。
 
d0093936_18204656.jpg
昼食を済ませ赤城神社の鳥居をくぐり赤城山頂をめざしました。
d0093936_17443587.jpg
車窓から美しい紅葉や白樺林などを愛でながら登って行きましたが頂上近くから霧が濃くなって
赤城神社につく頃には赤い新橋も霞んでいました。
d0093936_17470481.jpg
駐車場入口には長い車の列、何回も来たことのある弟夫婦は列から抜けて神社の裏手の駐車場に
車を停めて一安心、外気温は9度という寒さです。
赤城神社周辺の紅葉は終わっていてわずかにドウダンツツジの紅葉をみただけでした。
d0093936_17474260.jpg
神社へお参りする人の長い列、日曜日(11月4日)とあって大勢の観光客でした。
d0093936_17483243.jpg
神社の裏側から撮りました。
d0093936_17491781.jpg
それでも道路は意外と空いていて渋滞にも巻き込まれず18時に帰宅しました。
帰宅してしばらくすると雨が降りだし、早帰りしたことは幸いでした。



[PR]
by yokkosan3 | 2018-11-07 17:51 | 旅行 | Comments(3)
今年も娘たちが家族旅行の計画を立ててくれました。
家族旅行といっても2人の孫娘と娘達と私の女子だけで行く5人旅です。
女子会と称して今年で3回目、一番小さな孫娘を中心にした小さな旅です。
フリーパスで行く箱根の旅のしおりを5歳の孫娘がママと一緒に作ってくれました。
開くとメンバーの顔や名前、行程表が書かれていました。
何を作るのも楽しくて嬉しい頃なのです。
d0093936_10360276.jpg
最近は交通の便がよくなり小田原まで乗り換えなしで行けます。
小田原から箱根フリーパスを使い登山鉄道やケーブルカー、ロープウェイ、観光船、登山バスなどを乗り継いで行きました。
d0093936_10432247.jpg
宿泊先は強羅駅近くのホテル
d0093936_10445278.jpg
夕食は会席料理
d0093936_10450889.jpg
焼き物 (秋鮭重ね焼き 椎茸 かき小金焼 アスパラ はじかみ)
d0093936_12100095.jpg
ホテルの入口でツワブキが綺麗に咲いていました。
d0093936_10472722.jpg
翌日は直ぐ近くの強羅公園へ
2013年には国の登録記念物に登録されています
d0093936_10484383.jpg
階段の多い公園です。手すりのない階段は娘達が気遣ってくれました。
d0093936_10521495.jpg
紅葉スポツトと言われているそうですが見ごろはこれからでしょうか・・・
ローズガーデンの秋バラはまだ楽しめました。
d0093936_10524253.jpg
d0093936_10530684.jpg
d0093936_10534163.jpg
d0093936_10540669.jpg
大涌谷では富士山が少しだけ姿を現してくれました。
d0093936_11113684.jpg
約3000年前の箱根火山最後の爆発によってできたという神山火口の爆裂跡。荒涼とした大地には白煙が立ち込め、現在も火山活動の迫力を感じます。
d0093936_11115541.jpg
以前来た時には近くまで行けましたが通行禁止になっていました。
d0093936_11111016.jpg
大涌谷といえば「黒たまご」
1個食べれば7年寿命が延びるといわれている延命長寿の黒たまご
娘達が買ってきて、寿命が延びるかもと大笑いしながら頂きました。
大涌谷駅からロープウェイで桃源台駅へ
d0093936_11585658.jpg
芦ノ湖を渡って箱根町港へと海賊船で向かいました。
冷たい風を受けながらの遊覧でした。
d0093936_11430798.jpg
芦ノ湖
d0093936_11445824.jpg
定員550名とか船中は満員状態
d0093936_11443611.jpg
日曜日とあって大勢の観光客です。
d0093936_13490487.jpg
昼食をとり登山バスにて箱根湯本駅へ
日曜日でもあり渋滞してバスの乗車時間がだいぶかかりました。
♪箱根の山は天下の嶮・・・・昼猶闇き 杉の並木・・・
と謡われた鬱蒼とした箱根の山堪能できました。
d0093936_11483067.jpg
d0093936_14394597.jpg
箱根湯本駅から小田原へと帰路につきました。

箱根へは数回来ていますが自然、温泉、美術館、歴史など1度ではとても回りきれないところです。
今回はフリーパスで来たからでしょうか乗り物の多い旅でした。


[PR]
by yokkosan3 | 2018-10-31 17:00 | 旅行 | Comments(2)

アルプの里

クラス会や同総会、OB会などがあってPCに向かう時間が少なく久しぶりの投稿となりました。
関東地方では梅雨入りしましたが梅雨とは思えない晴天が続いています。

友達に誘われて先日アルプの里へと出かけました。
家を出て2時間弱で越後湯沢駅につきました。
絶好の行楽日和でした。
ロープウエイとリフトを乗り継いでいくと緑に包まれた高原、心地よい薫風が吹きぬかて行きます。
今回が3回目一度花の季節に来てみたいとの願が叶って沢山の花達に出会えました。
あやめ池
d0093936_16181463.jpg
オダマキやクリンソウ、アヤメ、ヒメサユリなど沢山の花に出会えました。
d0093936_16230849.jpg
d0093936_16415629.jpg
d0093936_16232727.jpg
d0093936_16235461.jpg
d0093936_16241350.jpg
d0093936_11300778.jpg
d0093936_11291435.jpg
ブナ林からは春セミや鶯の鳴き声が聞こえてきました
美しい緑に心が安らぎました。
d0093936_16282403.jpg
アルプの里
d0093936_16295952.jpg
小さな花々がそこかしこに・・・・
d0093936_16310023.jpg
d0093936_16311912.jpg
d0093936_16313820.jpg
d0093936_16322152.jpg
レンゲツツジは今が見ごろ山を美しく彩っていました。
d0093936_16334319.jpg
d0093936_16340566.jpg
あやめ池にはコバイケイソウの群生がありました。
d0093936_16343047.jpg
ひっそりと一輪咲いていました。オキナ草のようです。
d0093936_16360597.jpg
まだまだたくさんの高山植物が咲いていました。残念なことに青いけしの花は終わっていました。
沢山の花達に癒されて楽しい時間を過ごしてきました。
d0093936_16440951.jpg
湯沢高原に別れを告げてロープウエイ乗り場へ
はるかに見える温泉街を眺めながら一休み
d0093936_16455852.jpg
遅い昼食は新潟名物へぎそば御膳、美味しかったです。




[PR]
by yokkosan3 | 2018-06-05 16:11 | 旅行 | Comments(4)
久しぶりにきょうだいで出かけました。
日帰りドライブ旅です。
何時ものメンバー5人が揃いました。
朝8時に我が家を出発圏央道で牛久へ向かいました。
道中は相変わらず良くしゃべりよく笑いよく食べていました。

目的は世界でいちばん大きいといわれている牛久大仏を見ることです。
一時間ぐらい走ったところで高速道から大きな大仏が見えてきました。
浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって作られた大仏で牛久浄苑のエリア内にあります。

浄土真宗の宗祖、親鸞聖人が出迎えてくれました。
d0093936_16304877.jpg
常陸の国(茨城県)は親鸞聖人が鎌倉時代20年間にわたって布教活動に専念された地です、この大仏は総重量4000t、左手の平18m、顔の長さ20m、目の長さ2.5m、口の長さ4m。鼻の高さ1,2m、耳の長さ10m、人差指7m(牛久大仏パンフレットより)
間近で見ると本当に大きいく圧倒されるほどの迫力があります。
d0093936_16144082.jpg
1993年に完成した牛久大仏は、高さ120mで青銅製立像として世界一の高さ、1995年にはギネス世界記録にも認定されています。
拝観料800円で大仏の胎内へ入ることができます。
5階地上85mの顔のところまでエレベーターで行けます。
胎内には仏舎利が安置されていたり写経席が設けられたりしていました。
85mの展望窓からは天気が良ければ遠く富士山や東京スカイツリーも見ることができるそうです。

香炉も日本一の大きさ
d0093936_16420199.jpg
大仏の足元には、極楽浄土をイメージした2万坪の花畑や小動物園などがあります。
ポピーや矢車草などが見ごろを迎えていました。摘み取りもできます。
d0093936_17495076.jpg
牛久大仏から日立おさかなセンターへ
d0093936_17542107.jpg
遅い昼食はおさかなセンターで勝手丼にしました。
d0093936_17555292.jpg
お魚を買い込んで近くのホテルの日帰り温泉で一休みして家路につきました。
妹の家に到着、妹の家族も一緒に賑やかな夕食会、9時少し過ぎに帰宅しました。


[PR]
by yokkosan3 | 2018-05-14 21:13 | 旅行 | Comments(4)

湯沢高原へ

お出かけ日和という予報につられてアルプの里へ行ってきました。
久しぶりに新幹線に乗り越後湯沢で降りました。
以前何回か来たことのあるアルプの里へ行ってみたくて来たのです。この時期に行くのは始めてでした。
世界最大級といわれる166人乗りの大きなロープウェイで山頂駅まで7分位で着きました。
d0093936_15422754.jpg
シャトルバスとリフトを乗り継いでアルプの里まではすぐでした。
d0093936_11412013.jpg
さわやかな風が心地よい湯沢高原です。
d0093936_15450972.jpg
アヤメ池周辺は木道がありゆっくり散策、トンボが飛び交い、時々小鳥の囀りが聞こえてくる静かなアルプの里です。
d0093936_15481626.jpg
アヤメ池
d0093936_15550847.jpg
あやめ池は貴重な動物の生息地とか・・・
d0093936_15502162.jpg
オニユリやススキが風に揺れていました
d0093936_15522096.jpg
エゾリンドウ (オヤマリンドウとしてありましたが山小屋さんから教えていただき訂正いたします)
d0093936_15531204.jpg
d0093936_16054469.jpg
アサマフウロ
d0093936_16041267.jpg
キレンゲショウマ
d0093936_16045937.jpg
レンゲショウマ
d0093936_16060295.jpg
ハクサンオミナエシ
d0093936_16065964.jpg
エーデルワイスと思っていましたがこれは
「ヤマハハコ」または「ウスユキソウ」というそうです。(山小屋さんから教えていただきましたので訂正いたします)
d0093936_16052381.jpg
ナンブトラノオ
d0093936_16064358.jpg
オオベンケイソウ
d0093936_16194771.jpg
サワギキョウ
d0093936_16244623.jpg
まだまだ沢山の花々が咲いていてお花好きな人には充分楽しめます。
昼食は友達の要望で舞茸御膳
舞茸の土瓶蒸し、舞茸の天ぷらや舞茸とクルミの煮物、舞茸入りの茶わん蒸し、キンシ瓜など産地のものを頂きました。
遅い昼食の後、足湯に浸かってきました。
d0093936_11211750.jpg
のんびりゆったりの日帰り旅行楽しんできました。

[PR]
by yokkosan3 | 2017-09-11 16:13 | 旅行 | Comments(4)

ショックでした

昨日小野上温泉へ行って来ました。
日帰り温泉です。
以前はよく行った温泉、久しぶりです。
高崎から吾妻線に乗り換えて行きます。
小野上温泉で止まる電車の本数は少なく乗り遅れると大変です。
高崎線がだいぶ遅れて間に合いそうにないと思っていたところどうにかぎりぎり間に合いました。
ほっとしたのもつかの間
高崎から50分で着く予定なのに下車駅を間違えて一駅乗り越してしまいした。
降りた駅は小さな小さな無人駅、人っ子一人いません。
こんな筈じゃなかつた・・・・・とショック。
無人の改札口
d0093936_17375642.jpg
駅前には何もなく車が5~6台駐車してあるだけです。
少し離れた道路では時々車が走り抜けていきます。
見渡すと広い田圃があるだけ、自然がいっぱいです。
稲がたわわに頭を垂れています。
d0093936_17074742.jpg
単線なのですぐには電車が来ません。
静かです。時々遠くから小鳥のさえずりが聞こえてきます。
自然の中に身を置いてしばらくじ~と佇んでいました。
とてつもなく遠くへ来てしまったように感じました。
d0093936_17094199.jpg
真っ赤なサルビアの花が際立って見えました。
d0093936_17084726.jpg
待つこと30分、電車が見えた時にはほっとしました。この駅から乗った人はたった3名です。
ドアーは手で開けて乗ります。
d0093936_17402752.jpg
この電車はビルの立ち並ぶ街へと向かいます。
予定より遅れて温泉へ到着しました。
d0093936_17410155.jpg
注意散漫、記憶力が落ちてきた私。
高崎駅で買い物をして無事自宅に着きました。

[PR]
by yokkosan3 | 2017-08-21 16:46 | 旅行 | Comments(2)

誘われて東京観光へ

Sさんに誘われて「東京観光と三越観劇ツアー」に参加しました。
Sさんの友達との3人連れ、
ゆっくり出発、早い帰宅でした。
近いところでいつもは電車や車で行っているところですがバスツアーは高い位置から見る風景で何時もとは違った風景です。
d0093936_12241326.jpg
一番はじめに着いた先は東京タワー
何回か来たことのある東京タワー、展望台にのぼる行列は見られませんでした。
以前来た時には展望台へのぼるまで長い行列ができていましたが、特別展望台が改修工事中や東京スカイツリーができたからでしょうか・・・・修学旅行の中学生の姿が目立ちました。

正式名称は日本電波塔、1958年12月23日竣工 
高さ333メートル、東京の観光名所の一つです。

d0093936_11185838.jpg
次いで築地へ場外市場は観光客でごった返していました。
d0093936_11401038.jpg
d0093936_11525512.jpg
2時間の自由時間、美味しい鮪丼食べました。
d0093936_12005294.jpg
最後に3時開演の三越劇場へと向かいました。
「黒蜥蜴」観てきました。
社交会の花形緑川夫人は実は「黒蜥蜴」と呼ばれる暗黒街の女王恐るべき女賊で、名探偵明智小五郎と黒蜥蜴の壮絶な勝負がくりひろげられ切ない結末になります。
幾度となく舞台化された江戸川乱歩の傑作、このツアーに参加したのは一度観たいと思っていた「黒蜥蜴」の舞台でした。
今回は北村緑郎と河合雪之丞、永島敏行の出演でした。
d0093936_11565410.jpg
Sさん楽しい一日を有難う。


[PR]
by yokkosan3 | 2017-06-13 11:24 | 旅行 | Comments(2)

小さな一人旅 

以前友達から武州日野駅のすぐ近くにカタクリ園があると聞き今年こそ行ってみようと思っていましたが
丁度良い開花の時期には行けないでいました。
昨日は絶好の行楽日和という予報、急遽行ってみました。

秩父線に乗り換えて家を出てから2時間余りで武州日野駅へ
秩父沿線は今が見ごろのたくさんの桜の花で彩られていました。
降りた人はほんの数人、もうカタクリの花の見ごろはとうに過ぎているかのようです。
駅員に聞いてみると「まだまだ咲いていますよ~ それにすぐ近くには水芭蕉の花も咲いています。」
と散策mapで説明してくれました。

駅周辺は満開の桜です。
思いもかけない桜に心ウキウキカメラに収めました。
d0093936_17084748.jpg
d0093936_17095661.jpg
d0093936_17104250.jpg
都会で見る桜とは違って際立って見えます。
d0093936_17120362.jpg
桜並木をとおり踏切を渡り階段を登って行くと
うつむいて咲くカタクリの花を見つけました。
あちらにもこちらにもとまだまだ元気に咲いていました。
d0093936_17162613.jpg
d0093936_17164059.jpg
d0093936_17375706.jpg
カタクリの最盛期のころの写真です。(駅の掲示板より)
d0093936_19461188.jpg
雑木林の中にはスミレやイチリンソウやマムシグサなども・・・見に来た甲斐がありました。
山菜のこごめなども小さな芽を出していました。
d0093936_17180182.jpg
d0093936_17182479.jpg
d0093936_17191567.jpg
頂いた散策mapを見ながら水芭蕉園へ
沢山の水芭蕉です。
d0093936_17430329.jpg
d0093936_17433095.jpg
d0093936_17434723.jpg
d0093936_17451055.jpg
帰路長瀞で途中下車
長瀞の桜は「日本の桜名所100選」に選ばれていて駅周辺には3000本の桜があるそうです。
岩畳まで行ってみました。平日とあって静かです。
d0093936_19104475.jpg
宝登山神社参道の桜並木も満開でした。
d0093936_19182474.jpg
d0093936_17565156.jpg
沢山のお花に出会えた一日でした。



[PR]
by yokkosan3 | 2017-04-15 19:58 | 旅行 | Comments(2)

嬉しいお誘い

貴女が感激するようなところでお食事しましょうと、友達のTさんから嬉しいお誘いがありました。
地下鉄日比谷線の築地で下車しました。
歩いて10分位の所で国際聖路加病院の前にきました。
「ここにIさんが入院していたわね。一緒にお見舞いに行って間もなく亡くなって・・・あれからもう十数年たってしまったのね。」
「3人でよく食事をしたり、お花見に出かけたりしていたっけ・・・・」

その病院の傍のセイロカタワーの47階へ案内してくれました。
窓際の席に座りました。目の前には東京スカイツリー、東京が一望できます。
d0093936_16224642.jpg
遠くには東京港も見えます。
d0093936_16231471.jpg
高層階での食事ですがリーヅナブルなお値段、美味しかったです。
d0093936_20175006.jpg
食事を済ませてからすぐ近くの川辺まで降りて行きました。
お花見にはまだ早く桜の花は4~5輪、お花見のころは賑わいそうなところです。
d0093936_21181998.jpg

d0093936_20290661.jpg
目の前に水上バスの明石町聖路加ガーデン前発着場があり、丁度水上バス(東京川辺ライン)が出るところでしたので乗り込みました。
思いがけない船の旅です。浅草に行くことにしました。
1時間40分ほどで到着、目の前にはド~ンと東京スカイツリーが聳え立っていました。
d0093936_20514187.jpg
隅田公園にはたくさんの人たちです。
d0093936_20525491.jpg
地下鉄浅草より帰路につきました。
Tさん楽しい1日を有難う。



水上バスに乗って
[PR]
by yokkosan3 | 2017-03-29 16:49 | 旅行 | Comments(4)
世界遺産の富岡製糸場へ行きたいとかねがね思っていたところ
製糸場と二つの梅林めぐりのツアーを見つけました。
解説員付です。

前日の雨も上がり雲一つない青空です。
友だちが都合がつかなくて一人で参加しましたが、一人参加の人が多く相 席した人と直ぐに打ち解けて行動を共にしました。 

平成26年4月(2014年)に「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界遺産登録となりました。
世界遺産としてどんな価値があるのでしょうか、パンフレットから抜粋しました。
富岡製糸場はフランスの技術導入から始まり、日本独自の自動繰糸機の実用化まで、製糸の技術革新が絶え間なく行われてきました。「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、高品質な生糸の大量生産に貢献した、19世紀後半から20世紀の日本の養蚕・製糸分野における世界との技術交流と技術革新を示した絹産業に関する遺産です。日本が開発した生糸の大量生産技術は、かつて一部の特権階級のものであった絹を世界中の人々に広め、その生活や文化を更に豊かなものへと変えました。

国宝 東置繭場
d0093936_15395760.jpg
重要文化財 首長館(ブリュナ館)
d0093936_15412882.jpg
国宝 繰糸所
d0093936_15403633.jpg
d0093936_15530913.jpg
重要文化財 女工館
d0093936_15480097.jpg
診療所
d0093936_15542178.jpg
世界遺産に登録されて日も浅いためでしょうか工事中のところが多く殆どは外観だけの見学ですが、
音声ガイド付きで分かり易かったです。
当時の女工さんの様子
d0093936_15561690.jpg
d0093936_15582475.jpg
富岡製糸場を後にして、おぎのやにて峠の釜めしの昼食をとり梅林へ向かいました。
秋間梅林は丘陵地にある梅林、35000本の梅が見ごろを迎えていました。
丘陵地のため私にはきつい上り坂でした。
d0093936_16050761.jpg
次いで箕郷梅林へ
榛名山の南麓にあり関東平野を一望できる丘陵に10万本の梅が植えられてその規模は東日本隋一だそうです。
d0093936_16090642.jpg
d0093936_16093448.jpg
d0093936_16100214.jpg
どちらの梅林も白加賀梅が多く食用の梅とか・・・・・梅林の中の道を通ると仄かな梅の香が漂い幸せな気分。
以前来たことがあり難なく登れた上り坂がとてもきつく感じたのはそれだけの年月が経って足腰が弱くなってきたのです。(3月16日のことです)
[PR]
by yokkosan3 | 2017-03-22 20:10 | 旅行 | Comments(4)