Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

国宝になった聖天山

前回来たときには時間の都合で見ることのできなかった妻沼の聖天山へ行ってきました。
国宝になってからテレビでも紹介され、一度は見たいと思いながらなかなか行くことが出来ず、漸くチャンス到来です。
車で1時間20分で到着。
日本三大聖天の一つ、 日本 三大聖天は「浅草の待乳山聖天」「奈良の生駒聖天」そして「熊谷の妻沼聖天」と 云われ ています。

丁度、妻沼ボランテイア「阿うんの会」の方がガイドを始めるところでした。(拝観料700円)

妻沼聖天山の本殿は平成24年7月9日に正式に国宝に指定されました。
登録名称は「歓喜院聖天堂」

平成15年より平成23年まで8年間をかけて保存修理工事をし、外壁が創建当時の華麗な色彩に復元されたのです。
総工費はなんと13億5000万円、9億6000万円が国、県、市の補助金でその他は信者の寄付に寄るそうです。
貴惣門
国指定重要文化財
d0093936_2016429.jpg
妻側から見た破風の形に特色があり、貴重な建物とのことです。関東地方では唯一の建物だそうです。
d0093936_2017889.jpg
d0093936_20172979.jpg
中門
d0093936_2022552.jpg
国宝本殿
d0093936_20261528.jpg
d0093936_20533134.jpg
外壁 豪華絢爛です。
(全体は撮れませんでしたのでパンフレットから抜粋しました)
d0093936_20273870.jpg
布袋、恵比寿、大黒天による囲碁遊びの彫刻
d0093936_2029584.jpg
金箔がふんだんに使われていました。
d0093936_20302476.jpg
d0093936_20304698.jpg
d0093936_11491740.jpg
d0093936_20311947.jpg
妻沼聖天山は斉藤別当実盛公が治承3年(1179年)に祖先伝来の聖天さまをお祀りしたのがはじまりだそうです。
日光を思わせます。
ボランティアの方が丁寧に熱心に1時間かけてガイドしてくださり感謝です。

d0093936_21202481.jpg聖天山といえば参道入り口で売られている聖天寿しが名物になっています。
細長い大きないなり寿司と太巻き寿司をセットにしたいわゆる助六寿司タイプのものです。
長い行列ができている時もあります。お土産にしました。
[PR]
Commented by 8chantomei at 2013-01-14 18:18
熊谷にこんな立派なお宮さんがあるのですね。
三つ重ねの破風すごいですね。
色もカラフルで、本当に日光の東照宮のようですね。
Commented by yokkosan3 at 2013-01-15 11:25
8chantomeiさんへ
修復されて見違えるように美しくなりました。
今回初めて貴惣門が貴重なものであることを知りました。
説明して下さったガイドさんのおかげでした。
8chantomeiさんもこうしてガイドされているのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yokkosan3 | 2013-01-10 20:23 | Comments(2)