Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カッパドキア

カッパドキアの景観美は6000万年も前に火山灰が堆積し、、
柔らかい凝灰岩層を形成し、そこに流れ込んだ雨水や風雪の浸食が
摩訶不思議な風景を造り出したという。
d0093936_11153434.jpg

セルべの谷
d0093936_11205072.jpg


地下都市や野外博物館など洞窟内を観光
5~12世紀に広まったキリスト教は皇帝の弾圧を受け、逃れた
キリスト教徒達が隠れ住むために造ったもの。内部のフレスコ画は
あざやか。
[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-17 11:31 | 旅行 | Comments(2)

バレッカムからコンヤへ

ヒエラポリス
石灰棚
石灰分を多量に含む湧き水が、長い年月のうちに凝固した石灰華岩が
斜面を覆い幾重もの棚を形成したもの、許可されたわずかな部分の
温泉に足を浸けることができた。
d0093936_10181411.jpg

バスはシルクロードをひた走る。綿の取り入れの風景も、
広大な農地がどこまでも…
この道をらくだのキャラバン隊が通ったという、キャラバンサライが
その名残を留めていた。
カツパドキアに着いたのは夜になっていた。
途中コンヤ市内観光、メヴラーナ博物館やインジエ.
ミナーレ神学校などへ立ち寄る。観光客で混雑していた。
[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-17 10:55 | 旅行 | Comments(0)
エフェソス遺跡
華麗な姿をとどめるケルスス図書館
図書館の前に娼館があり地下道でつながっていたとのことでした。
d0093936_15162042.jpg

野外劇場
1~2世紀に築かれた。収容2万4000人という。
d0093936_1521495.jpg


アルカディアーネ大通り
大理石で出来たアルカディアーネ大通りをクレオパトラとアントニウスが
連れ立って歩いたであろう…とガイドさんの説明でした。
最盛期、夜には街灯が灯されたとか隆盛を誇っていた
当時がしのばれます。
公衆トイレが残っていて興味深く、ここトルコではトイレは
レストランやホテルを除いて有料でした。
尾篭な話ですが紙は流さないことになっていました。
[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-16 16:15 | 旅行 | Comments(0)

ベルガマへ

トルコの総人口は6784万人(2000年国勢調査)
日本の2.1倍の国土に日本の2分の1位の人口
どこの遺跡に行っても犬や猫が何匹もいてまつわりついてきました。
お守りのようにして飼っているようです。狂犬病の対策もきちんとしてあるそうです。
また、羊の群れもあちこちに。好天に恵まれたのは幸いでした。

ベルガマ遺跡観光
アクロポリス遺跡
アテナ神殿や図書館跡、野外劇場、貯水槽など見学

トラヤヌス神殿
大理石柱が美しい。 大理石(結晶石灰岩)は沢山取れたそうです。
他の遺跡では大理石の長い道路もありました。
d0093936_15401886.jpg

[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-15 15:53 | 旅行 | Comments(2)

トルコへ

西洋と東洋の融合する国
昨年11月30日~12月7日、 誘われるままにパッケージツアーでトルコ共和国へ旅しました。
丁度爆弾テロや法王への抗議デモが報道されていた頃でしたが、日本の2倍もある国土、
しかも世界遺跡めぐりでしたので何の心配もなく楽しんできました。
移動はバスが多く、1日500キロ~600キロ忙しい旅でしたが、
天候に恵まれたのは幸いでした。イスラム教(スンニ派)が98%、どこへいってもモスクのミナレットから
祈りの時を知らせるコーランがながれていました。
自給自足で食料が足りるというためでしょうか、どこかゆったりと時が流れていました。
野菜や果物、パンなどは美味しく、特にトマトはとても美味しくいただきました。
現地ガイドさんの日本語の堪能なこと驚くほどでしたが
日本には1度も行ったことがないそうです。
  
 トロイ遺跡
 トロイの木馬は修復中でした
d0093936_16223565.jpg

[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-14 16:23 | 旅行 | Comments(2)

風船の恐怖

ごむ風船の割れる音はびっくりしますね 
先日5歳になったばかりの孫が来ました 女の子です
ごむ風船があったので出してきました 喜ぶかと思いきや
見るなり 血相を変えて 大泣きをして 逃げていきました 
空気も入れてない風船なのに 色とりどりのしぼんでいる風船なのに
前に すぐ近くで大きな音で割れたのを聞いて
それ以来のことらしいのです
紙風船も嫌いだそうです そして 打ち上げ花火の音も
小さな子供のすぐ近くで大きな音はタブーですね
いつになったらその恐怖から開放されるのでしょう
ちょっと可愛そうな気もします
でも いつに日にか そんな音にも絶えられるような大人になるでしょう
[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-13 15:30 | Comments(2)

自分の顔って?

自分の顔をまじまじと見たことってありますか?
今日 水墨画で はじめて自画像を描きました
鏡の中の私を描いたのですが 見慣れた顔なのに真正面から
向き合って見ると自分が自分でないような 不思議な気持ちに
なりました 
だんだん描き進んでいくうちに こんな目をしているんだ
こんな鼻をしているんだ こんな口をしている あ~あ
時々笑いがこみ上げてきて でも 何か楽しい
こんなに皴があるう… 皴は省いて省いて 目の下の隈も取って…
若返ったって 喜んだり 可笑しいこと
私が見ている自分の顔と他人が見ている私の顔のズレはきっとある
と思いながら他人の目で描いている私
こうして 1時間半かかってやっと描いたのですが…
なのに そこには 私でない自分の顔が描かれていたのです
難しいものです
そのうちに 私が自分らしく見える絵が描けることを願いつつ
じっと 自画像を見つめました
[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-12 16:34 | Comments(2)

はつまいり風景

先日ぽかぽか陽気に誘われて はつまいりに行きました
仕事始めだったのでしょうか ダークスーツの男性の集団に会いました
和服姿の女性もちらほら見かけました
皆さん幸せな年でありますように
d0093936_1615717.jpg
d0093936_16155687.jpg

[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-08 16:16 | Comments(2)

猪親子

干支にちなんで猪を描きました
d0093936_1685978.jpg

[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-07 16:10 | 水墨画、墨彩画 | Comments(2)

冷たい雨の日です

1日中冷たい雨が降っています 庭の野ボタンやさざんかの花が寒さに
ふるえています
 2夜連続でマグロというテレビドラマを見ました
函館へ旅行したときにロケ現場に出会いました
冒頭の場面でしたが…
松坂慶子さんと内田有紀さんが改札口から駆け出してくる 
ところでしたが何回も取り直しをしておりました ほんの2.3秒 
の場面なのに丁寧にとるものなのですね
函館の夜景や朝市がたびたび映し出されましたが
懐かしく思い出されました
[PR]
# by yokkosan3 | 2007-01-06 17:21 | Comments(0)