Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

雨上がりの公園

半年ぶりにIさんから電話で食事のお誘い、手作りのブラウスとお揃いのショルダーバッグを肩にかけ元気に
車から降りてきました。身に付けるものなど殆ど手作りをする自然派の方です。

食事をしながらいろいろ近況やこれからの生き方など何時も前向きなIさんに元気頂いてきました。
ボランティアで海外へもよく出かけていました。
その表彰式が近々Tホテルで行われるそうです。 
高齢になって最近考えたことは 
自分の意見をはっきりと口外(公害ではなく)にすることだそうですが、とても温かみのあるIさんなのです。

雨上がりに近くの公園へ出かけました。
雨上がりの公園は瑞々しい緑がいっぱいに広がっていました。
みどりの木々を見ていると何よりも心が癒されるというIさんです。
d0093936_18061878.jpg
紫陽花が見ごろを迎えていました。
d0093936_18054082.jpg
d0093936_18060220.jpg
手作り味噌や鰹のふりかけ等々いただきました。
d0093936_18382156.jpg
次回は10月に合いましょう・・・・それまでお互い元気で頑張ろうねと。


[PR]
# by yokkosan3 | 2017-07-01 18:30 | | Comments(2)
久しぶりの雨らしい雨に紫陽花が元気を取り戻しました。
雨が似合う花です。
d0093936_16010062.jpg
ツユクサも元気になりました。
d0093936_16015488.jpg
最近健康寿命を延ばすための講座が多くなりました。
長寿社会になってイキイキと心豊かに人生を楽しむためのにはどのように過ごしたらよいか
認知症を予防するための秘策や転倒予防の体操・老化を遅らせる食生活指針など地域の集まりの折に
話を聞く機会が多くなりました・・・今までもあったのでしょうが関心が無かったのかもしれません。

今日は転倒予防の体操を教えて頂きました。
転倒することが一番怖いような気がします。
一寸とした段差で躓くこともあり、私は以前家の中で骨折したことがありました。

転倒を防ぐための筋力アップの秘訣は転倒予防体操を毎日コツコツ「ちょっと頑張ったかな」と思える程度に、
テレビを見ながらや一寸の時間ができたときなど思い立った時に行う事だそうです。
体調の悪い日には行わない、水分補給を十分に、広く明るい場所で行い体操後は十分な休養を取るようにとのことでした。

転倒予防のための床での体操
1 足首の曲げ伸ばし
   両手を軽く後ろにつけて、膝を延ばし座る。
   足首を最大に伸ばして、ゆっくり手前に曲げる。(繰り返し)
   手前に曲げるときに踵を持ち上げるようにする感じで行うと太ももの筋力アップに効果的
2 片足上げ、膝伸ばし(左右)
   両手を軽く後ろに付けて膝を曲げて座る。
   片足を上げ、足首を手前に曲げ、踵を押し出すような感じでゆっくり膝を伸ばす。
   足首を伸ばし手前に曲げ伸ばした後膝を曲げもとの姿勢に戻る。(左右繰り返し)
3 両足を上げて前後に動かす
   両手を軽く後ろにつけて、上体を支える。
   両足を同時に上げて前後に交互に動かす(繰り返)
   足に力を入れない。2~3秒の時間をかけてゆっくり行う
4 足の裏を合わせて上げ下げ
   両手を軽く後ろにつけて、上体を支える。
   足裏を軽く合わせそのままゆっくり上げた後下げる動作を繰り返す。
   上げたとき3~5秒静止。上げるときは足に力を入れず、後ろによりかからない。

慣れてきたら立ってレベルアップ
5 椅子を使って踵の上げ下げ。(椅子は重くて丈夫なものを使う)
椅子の背に軽く手をつけ、両足を揃えて立つ。
   爪先を軸に踵の上げ下げをゆっくり静かに繰り返す。
6 踵の上げと膝曲げ
    椅子の背に軽く手をつけ、両足を揃えて立つ
   爪先を軸に踵をゆっくり上げ膝を軽く曲げる。(そのまま3~5秒静止
   膝をゆっくり伸ばし踵を下ろす。 (繰り返し行う)
7 片足体重かけ(左右)
   椅子の背に軽く手をつけ、足を広く開き膝を曲げる。
   片方の太ももに体重をかけ3秒静止。
   反対側の太ももにも体重を移し3秒静止。
8 片方足横上げ(左右)
   椅子の背に軽く手をつけ、両足を揃えて立つ。
   片足を横へ軽く上げ3~5秒静止しゆっくり下す。(左右繰り返す)   
    
           (東京都老人総合研究所の資料から抜粋しました。)   


笹だんご
[PR]
# by yokkosan3 | 2017-06-27 20:02 | Comments(4)

花と緑に包まれて

バラ園「薔薇の轍」はバラの品種改良の歴史に沿って観ることのできるバラの歴史園で
ピーク時には1500品種、約2300株の珍しい薔薇の花を見る事ができるそうです。
バラ園の他にも「花菜ガーデン」があり次々に花を楽しむことができます。
ここは神奈川県立花と緑のふれあいセンターです。

妹から突然電話がありバラ園を友達と訪れた時に忘れ物をして
それを取りに行くので一緒に行ってくれないかと・・・
お花大好きな私は今頃はどんな花が見られるのだろうと期待して出かけて行きました。

電車とバスを乗り継いで2時間余り、着いた先には広大な広場、その先に漸く「花菜ガーデン」が見えてきました。
d0093936_15294708.jpg
水連池は丁度見ごろ、モネの水連を思わせました。
d0093936_14564960.jpg
いろいろの種類のクレマチス、
こんなに種類があるとは、小さな小さな見たこともないようなクレマチスも・・・・

d0093936_14572484.jpg
d0093936_15362518.jpg
バラのアーチは淋しい姿に・・・・
妹が来た時にはそれはそれは綺麗だったとか、今度はバラの咲く頃に来てみたいなぁ~
d0093936_15003679.jpg
でも遅咲きのバラはまだまだ沢山咲いていました~
d0093936_15401719.jpg
キリンソウやバーベナ、ホクシャなど小さな花の中で色とりどりのヘメロカリスが美しく咲いていました。
d0093936_15420321.jpg
散策路の先には紫陽花が咲きはじめていました。
d0093936_15433536.jpg
d0093936_15493692.jpg
ところどころに休憩所があるのも嬉しいことでした。
d0093936_14584243.jpg
草花の展示会も開催中でした。
d0093936_16193723.jpg
d0093936_16191367.jpg
花と緑に包まれてのんびりと楽しむことができ遠くまで一緒に付いて行った甲斐がありました。
後日お礼にとレストランでフランス料理で持て成してくれました。お土産も・・・。Tちゃんありがとうね。


[PR]
# by yokkosan3 | 2017-06-17 16:26 | | Comments(4)

誘われて東京観光へ

Sさんに誘われて「東京観光と三越観劇ツアー」に参加しました。
Sさんの友達との3人連れ、
ゆっくり出発、早い帰宅でした。
近いところでいつもは電車や車で行っているところですがバスツアーは高い位置から見る風景で何時もとは違った風景です。
d0093936_12241326.jpg
一番はじめに着いた先は東京タワー
何回か来たことのある東京タワー、展望台にのぼる行列は見られませんでした。
以前来た時には展望台へのぼるまで長い行列ができていましたが、特別展望台が改修工事中や東京スカイツリーができたからでしょうか・・・・修学旅行の中学生の姿が目立ちました。

正式名称は日本電波塔、1958年12月23日竣工 
高さ333メートル、東京の観光名所の一つです。

d0093936_11185838.jpg
次いで築地へ場外市場は観光客でごった返していました。
d0093936_11401038.jpg
d0093936_11525512.jpg
2時間の自由時間、美味しい鮪丼食べました。
d0093936_12005294.jpg
最後に3時開演の三越劇場へと向かいました。
「黒蜥蜴」観てきました。
社交会の花形緑川夫人は実は「黒蜥蜴」と呼ばれる暗黒街の女王恐るべき女賊で、名探偵明智小五郎と黒蜥蜴の壮絶な勝負がくりひろげられ切ない結末になります。
幾度となく舞台化された江戸川乱歩の傑作、このツアーに参加したのは一度観たいと思っていた「黒蜥蜴」の舞台でした。
今回は北村緑郎と河合雪之丞、永島敏行の出演でした。
d0093936_11565410.jpg
Sさん楽しい一日を有難う。


[PR]
# by yokkosan3 | 2017-06-13 11:24 | 旅行 | Comments(2)
まだ5月というのに真夏のような暑さが続いています。
今日は寒暖計はうなぎのぼり32度にもなりました。

先日 友達4人で近くのバラ園へ行ってきました。
この日も29度という暑さでした。
バラ園に近づくとバラの甘い香りが漂ってきて豊かな気持ちにしてくれます。
丁度見ごろを迎えたバラの花達が「見て・・見て・・」とささやきかけているように
美しく咲いていました。
d0093936_16570606.jpg
午前中に行きましたが日差しは強く暑さになれていないので「暑いわね~」と言っては
時々木陰に入って一休み。
時々「幸せの鐘の音」が聞こえてきます。
最近このバラ園でも「幸せの鐘」が設置されました。
d0093936_16574679.jpg
皆お花大好きな人たち、美しく咲いている色とりどりのバラに見入っていました。
d0093936_16582817.jpg
真っ青な空です。
d0093936_16585749.jpg
敷地面積12000㎡、300種類、4800株のバラが植えられています。
ここは伊町町にある町制施行記念公園のバラ園です。
d0093936_16591633.jpg
綺麗に咲かせるために丁寧に剪定したり施肥、消毒などをして大切に育てた方々のご苦労が思われます。
d0093936_16583866.jpg
d0093936_16594101.jpg
バラの花ことばは色によって違うとか・・・
白いバラの花言葉は、心からの尊敬・無邪気・清純・純潔・恋の吐息・相思相愛・尊敬・素朴
d0093936_16592984.jpg
バラ園から近くにある県民活動総合センターへ寄り道、おしゃべりしながらゆっくり食事をしてから
開催中の3Dデコパージュ作品展を見てきました。
絵や写真の切り抜きを貼り上塗りを施し、美しく装飾 する立体的な切り絵アート、力作ぞろいでした。

美しいバラや素晴らしい3Dデコパージュ展を見たりと楽しく1日を過ごしました。







[PR]
# by yokkosan3 | 2017-05-22 21:00 | | Comments(4)
昨日「めざせ!健康長寿」という市民公開講座が開かれました。
雨の中出かけましたが、大勢集まっていました。
健康講座の関心の高さがわかります。
毎年開催されている市民公開講座で今回が13回目というのにはじめての参加です。

d0093936_14210334.jpg
まず、血糖値、体脂肪率測定がありました。
体脂肪率はデュアル周波数体組成計で図りました。
もしや体脂肪が多いのではと思っていたのですがどちらも心配ないとの説明でしたが、
体組成計では「運動不足型」と出ておりました。

次いで公開講座
東京大学医学部付属病院・22世紀医療センター 特任教授 松平浩先生の「腰痛借金対策教えます」
帝京大学理事名誉教授・臨床研究センター長 寺本民生先生の「健康長寿時代を迎えて、わが身を見直す」
その他に市の健康増進課の職員の「自分の健康ライフに合った生活習慣を身に付けよう!」

健康寿命を延ばすためには何よりも運動が大切であるといいます。
身体活動をすることにより血流が良くなり癌などのリスクも下がるそうです。

65歳以上の運動の目安は1日8000歩位、 そのうちの20分は早歩きをするとよい。
始めは15分ぐらいから始めて少なくとも1日40分4000歩位のウオーキングから始めるとよいそうですが・・・
悪性腫瘍などの病気は早期発見早期治療を心がける。

腰痛体操やバランステスト体験しました。
腰痛体操は以前テレビで見たことがあり、腰が痛くなった時に試してみましたが次の日には腰痛は消えていました。
私の場合は少しの痛みの時でもこの体操をして痛みを取り去っています。
予防のためにも気が付いた時に行っています。
バランステストで私は運動不足でバランスがよくありませんでした。
d0093936_16205821.jpg
松平浩先生の腰痛体操は下の色の変わったところをクリックすると見ることができます。



今日は母の日
[PR]
# by yokkosan3 | 2017-05-14 17:02 | Comments(4)

今日はみどりの日

今日はみどりの日です。
一年中で一番緑が美しい季節でもあります。
d0093936_17180475.jpg
いろいろな緑の色が楽しめます。
若緑。若草色、浅緑、萌黄色など・・・
その優しい色は心身ともにリラックスさせてくれ、疲れた目を休ませてくれたりします。
d0093936_16323899.jpg
いつの間にか5月4日の「国民の休日」が「みどりの日」になったような気がしますが・・・祝日の名称が良く変わります。
昭和天皇の誕生日である4月29日が昭和天皇崩御後には「天皇誕生日」は「みどりの日」(平成元年から平成18年まで)となっていました。
天皇誕生日は今上天皇の誕生日の12月23日となりました。
2007年に祝日法が改正されて4月29日は「昭和の日」になりました。
そして「国民の祝日」であった5月4日が「みどりの日」になったのです

ちなみに「みどりの日」とは
「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としています。
「みどりの日」という名前は、昭和天皇が自然をこよなく愛され、植物に造詣が深いことから「緑」にちなんだ名がふさわしいという主旨の意見が多数あったことからつけられたと言われています。

明日は端午の節句 真鯉や緋鯉が緑の風にのって泳いでいました。
d0093936_17311621.jpg

[PR]
# by yokkosan3 | 2017-05-04 17:35 | Comments(4)
ラッシュアワーなみの電車で40分、上野駅で下車しました。
友だちと東京都美術館へと向かいました。
上野公園は美しい新緑に包まれて、大勢の人々で賑わっていました。
d0093936_14214845.jpg
ボイマンス美術館所蔵 ブリューケル「バベルの塔」を見てきました。
16世紀ネーデルランドの至宝と言われている作品です。
d0093936_14211140.jpg
ピーデル・ブリュ-ケル1世(1526または30年ころ~69年)
ベルギー北部の農村に生まれたと言われている。
奇妙な怪物たちが登場する聖書の地獄絵図や寓話の世界の図案やはるか遠くを見渡す壮大な風景の図案で名声を得る。
晩年は農村や市井の人々の暮らしを描いて「農民画家」ともあだ名された。(パンフレットより)
d0093936_14213202.jpg

旧約聖書「バベルの塔」の物語
かつて世界中のの人々は同じ言葉を使って、同じように話していた。シンアルという地に住みついた人々は煉瓦とタールで天まで届く塔を建て、町を有名にしようと試みる。しかしその野心は神の怒りに触れる。人々が一つの言葉を話しているためにそのような企てが可能になったと考えた神は、人々の言葉を混乱させ、互いの言葉を理解できないようにしてしまう。意思の疎通ができなくなった人々は散り散りになり、ついに塔は完成しなかった。
旧約聖書の「バベルの塔」の逸話は、人間の高慢と神の戒めの物語であると同時に、なぜ世界にたくさんの言語が存在するのかという、世界の成り立ちを説明する物語とも考えられている。(朝日新聞記念号外より)

最後に展示されている「バベルの塔」の前に立った時ブリュ-ケルが好んでこれを描いた意味がほんの少しわかったような気がしました。
バベルの塔の中ではすでに住み着いている人もいるような巨大で気の遠くなりそうなほどの時間がかかる建築物です。
この「バベルの塔」のなかはどのようになっているのかと見入ってしまいました。


[PR]
# by yokkosan3 | 2017-05-01 20:02 | Comments(2)

花の季節

赤いボタンの花が咲きだし木々の芽が伸びだし急に庭が活気づいてきました。
d0093936_12351105.jpg
d0093936_12334549.jpg
フリージアの花の香りが漂って豊かな気持ちにしてくれます。
d0093936_12232623.jpg
庭の片隅でひっそり咲いているシクラメン、昨年から咲き続けています。
室内で大事にしていた2鉢のシクラメンはすっかり見る影もなくなってしまいましたが
数年前に庭に移し替えたこのシクラメンは、何の手入れもしないのに冬の寒さにも耐えて目立たない場所で
咲き続けています。
ブロック塀の傍にあるので環境が良かったのかもしれません。
ときどき声をかけてあげます。頑張っているのね~・・・・有難う
d0093936_12200620.jpg
紫色の小さな花の名前がわからなく調べてみるとシソバタツナミという花らしい・・・・
今年は沢山咲きました。
野草を集めているHさんからいろいろな草花を頂き数年たった今もどの花も元気に咲いています。
御主人が病気になってから連絡が取れないでいます。
これらの花を見るたびに気にかかり電話をしてみますが繋がりません。
元気でいるのでしょうか・・・・
d0093936_12263689.jpg
この花の名忘れてしまいました・・・たくさん増えてよく咲いています。
d0093936_14314329.jpg
十二単も増え続けて綺麗に咲きました。
d0093936_12285691.jpg
野草はよくない土質でも育ち易く種をあちこちに飛ばして増え続けています。
ウズラタンポポ
d0093936_12305269.jpg
たった一枝を次女がいただいてきてそれを挿し木にしたところ大きく育って花盛りです。
春先に早く咲き始め、まだまだ咲いています。
雲南黄梅
d0093936_12323098.jpg
つつじも咲き始めました。
d0093936_14243617.jpg
d0093936_14245298.jpg
一斉に咲き始めた我が家の花たちです。



More 竜小太郎陽春特別公演観てきました。
[PR]
# by yokkosan3 | 2017-04-27 16:03 | | Comments(2)

狂言見てきました

埼玉会館リニュアール・オープン記念として春陽狂言 万作・萬斎の世界「武悪」「2人袴」の公演がありました。
チケットを2枚頂き長女と見てきました。
狂言を見るのは2回目です.
以前見たときは地域伝統芸能まつりでの狂言師野村萬斎出演のものでした。
場内がし~んと静まり返って観客が舞台に集中していたことを思い出しました。

今回は公演前に「狂言講座」があり狂言についていろいろ学ばせて頂き、
「花の袖」の謡い方なども指導していただきました。
狂言の語句の解説もあり、またあらすじもわかり狂言の面白さがわかりました。
「武悪」「2人袴」は狂言の中でも屈指の名作とか、日本独特の伝統芸能・狂言の笑いや劇性を充分味わうことができました。

野村万作は1931年生まれ、万作の会主宰、人間国宝です。
文化功労者。芸術大賞他多数受賞しています。野村萬斎は長男です。

d0093936_15570518.jpg


[PR]
# by yokkosan3 | 2017-04-18 16:30 | Comments(4)