Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

下北半島へ

梅雨のような天気が続いていましたが漸く青空がのぞきました。
先週の土曜日から月曜日にかけて誘われて下北半島へ行ってきました。

「朝6時に迎えに行くからね、ホテルも予約したから」と義妹から電話、2泊3日で東北へドライブ旅行することになりました。東北道八戸から下北半島を回りむつ湾フェリーで津軽半島の蟹田港に渡り東北道で帰ってくる予定とのこと、すべて弟夫婦にお任せの気軽な旅です。
東北地方は雨マークもついていて、このところ降れば豪雨、土砂崩れと不安がありましたが何時ものように妹と弟夫婦4人で出発しました。
朝が早いので前日に妹が来て泊まり6時前に弟夫婦が1時間かけて迎えにきました。

圏央道白岡菖蒲から、東北道へ入り途中休憩を取りながら一路八戸へ
途中福島あたりで猛烈な雨に遭いましたが局所的なもので長者ヶ原付近から青空ものぞき岩手山SAに着くころには良いお天気となりホッとしました。遠くには岩手山も見ることが出来ました。
d0093936_15371312.jpg
d0093936_15403897.jpg

八戸に14時過ぎに到着、八食センターでショッピングを楽しみました。とても混雑していました。
d0093936_16241987.jpg

八戸のホテルに宿泊です。明日もお天気はよさそうです。

翌朝6時に出発しました。早朝の八戸市街はひっそりしていました。
d0093936_15411077.jpg
よこはま菜の花プラザで休憩、恐山へと向かいました。
ツアーで来たことはありましたが・・・・
恐山は比叡山、高野山と共に日本三大霊山のひとつです。慈覚大師によって貞観4年(862年)に開山されました。
d0093936_15405352.jpg
荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いがたちこめていました。
d0093936_15415315.jpg
今回は三途の川も渡りました。
d0093936_15431228.jpg

寒立馬を見る予定でしたが時間の都合で見ることはできなく、本州最北端の地大間崎へ向かいました。
マグロのモニュメントや「ここは本州最北端の地」の碑があり、北海道が見えるのですが曇っていて見えませんでした。
大間といえばマグロ、「漁師の店」では昼時とあって少しの間並んで待ちましたが、美味しマグロいただきました。
d0093936_15425818.jpg

これから脇野沢まで行かなければなりません。
15時30分発のカーフェリーに乗る予定です。
途中仏が浦に行く予定でしたが駐車場から見るにとどめました。以前ツアーできたときには観光船で渡りましたが、ここでも時間がなく渡ることができませんでいた。
d0093936_1546228.jpg
途中で巨大な奇岩の願掛岩や世界最北限に住む野生の猿にばったり出会ったりしながら
d0093936_15482135.jpg
峠をいくつも越えて道の駅「わきのさわ」まで来て一安心、フェリーの乗船場に15時頃到着しました。
d0093936_15442121.jpg

むつ湾フェりーかもしかにて津軽半島蟹田港に向かいました。
16時半頃蟹田港に到着。
日本最北端の新幹線の駅、新青森駅のショッピングセンターにて買い物をして青森市内のホテルへと向かいました。
リンゴ風呂で寛ぎ、早めの就寝。
d0093936_15525876.jpg

翌日も6時に出発
碇ヶ関インターから東北道にて帰路につきました。
帰りはSAでゆっくり休憩を取りながら妹の住む三郷に17時半に無事到着
自宅に着いたのは19時でした。
3日間の走行距離は1800数十キロとか、3日間のドライブ旅行でしたがエコカーで音も静か快適な旅行でした。
3日間運転ご苦労様でした。何時も有難う!
[PR]
by yokkosan3 | 2014-08-30 17:16 | 旅行 | Comments(2)

恐ろしい土砂災害

大気の状態が不安定になっていてあちらこちらで局地的な集中豪雨がありました。
特に広島では1時間に100ミリを超える猛烈な雨が降り土砂崩れが住宅街を襲い大きな被害となり
多くの犠牲者も出ました。
恐ろしい土石流です。
防ぎようがない災害だったとも言われていますが心が悼みます。
被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。

夜になるとカネタタキが鳴いたり赤とんぼを見かけるようになり季節は移ろいつつあるようです。
夕方には萎んでしまう松葉牡丹です。少しの雨でも元気がなくなります。
d0093936_1613497.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2014-08-20 19:34 | Comments(0)

静けさが戻りました

忙しい日が続いていました。
猫の手も借りたいほどの忙しさとはこのようなことを言うのかもしれません。

新盆でした。
全て初めての経験でわからないことばかり、他家のお盆のお参りは良くしているのにいざ我が家に盆棚を飾ることになるとどのようにして良いのか分からず、親戚に聴いてみたりPCで調べてみたりと我が家風に考えてみました。

12日に子供たちや弟が来て手伝ってもらいどうにか盆棚を作りました。d0093936_19335523.jpg

13日に迎え火、14日には菩提寺の僧侶に棚経をあげていただきました。

15日は新盆大施餓鬼会があり参列しました。
d0093936_19382036.jpg1家族5名との制限がありましたが200名くらいの参列者、今年一年間にこの菩提寺だけでも40~50名の方々が他界したことになります。
16日は送り火、
菩提寺までは車で20分位なので迎え火や送り火は子供たちと一緒に行きました。
お盆中は親戚の人たちが入れ替わり立ち代わりお参りに来ていただき故人もさぞかし喜んでいたことと思います。

孫たちが泊まってくれて賑やでしたが、お盆も済んで今日からはまた静けさが戻ってきました。
[PR]
by yokkosan3 | 2014-08-17 19:23 | Comments(4)

かくれ脱水

高知県では台風の影響で大雨の被害も出ています。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

いうまいと思えど今日の暑さかな
こんな句が思い浮かぶほどの暑さが続いています。
梅雨明け以来30度を超える日々が続きこのところ体温を超える暑さです。
夏は暑いのは当たり前と言ってしまえばそれまでですが・・・・・
熱中症にならないようにと気象予報士が呼びかけています。

新聞のうけうりですが・・・・
熱中症に詳しい兵庫県医科大学服部益冶教授によると
高齢者はかくれ脱水に気をつけるようにとのことです。
水だけ飲むのは逆効果で、脱水症は本当は「脱塩水症」なのだそうです。
汗をかくと体内から水と共に塩分も失われていく。水だけ補うと体内の塩分濃度が薄くなる。
塩分濃度を正常に保つために尿量が増え、余計に水分を失う。さらに汗をかく、この繰り返しで「脱水スパイラル」にはまり込む。そこから抜け出すには、水だけでなく塩分を適量取らなければならない。
水と共に梅干し、塩昆布、また味噌汁もよいとのことです。

高齢者の脱水症、予備軍の症状について
 皮膚がかさつくようになった  元の状態と違う
 口の中が粘つくようになった 食べ物がパサつく ゴクンと呑み込めない。
 便秘になった、あるいは以前よりひどくなった
 以前より皮膚の張りがなくなった
 足の脛にむくみが出るようになった  靴下を脱いだ後にゴムの後が10分以上残る
ひとつでも当てはまることがあると「かくれ脱水」の疑いがあるとのことです。

家庭でできる経口補水液の作り方
  水 500mml
  砂糖 20g
  塩 1・5g
 を溶かすだけ
 ただし、作り置きは勧められない。

私は夜は経口補水液OS1を飲んでいます。
長女が買ってきてくれました。
スポーツ飲料よりも塩分が濃く糖分が少ないのでやや塩辛く感じます。
「この補水液が美味しいと感じたらかくれ脱水かもしれないよ。」
と言っていました。長女は調剤薬局に勤めています。

暑さに負けず咲いている花々
バーベナ
d0093936_20514532.jpg
ランタナ
d0093936_2052201.jpg
ガザニア
d0093936_20531845.jpg
アルストロメリア
d0093936_2053519.jpg
マツバキク
d0093936_20543269.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2014-08-04 19:27 | Comments(2)