Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

脳の状態が・・・・

d0093936_16354775.jpg今日は月2回の水墨画教室の日でした。
左の水墨画は先生が描いた絵をコピーしたものです。
今日は雪景色の描き方を教えていただきました。
たった30分程で説明しながらこんな素晴らしい絵を描いてくれます。
「白い紙に白い雪を描くと何処に描いたのか分からなくなりそうですね」と誰かがいいました。
何処に描いたかを覚えながら順番に描くようにと教えてくれました。
「出来上がったときに上手くできているかどうかで脳の状態がわかりますよ」と先生、面白いことを言っては皆を笑わせます。
「私の脳の状態は相当老化していることが分かってしまいそうだ~」などと皆で大笑してしまいました。何時も和やかです。
最後まで集中してできだろうか気になるところです。
次回までにこれを参考にして雪景色を描いていかなければなりません。

帰宅して暫くしてポスタルくらぶ創立10周年謝恩キャンペーンプレゼント当選おめでとうございます!という郵便物を受け取りました。
応募した事などすっかり忘れていて何時応募したのか思い出せないでいましたが・・
良く考えてみると郵便局の窓口で応募用紙を頂きその場で出したようなこと思い出しました。
すっかり忘れた頃に当選の通知を見るととても得したような気持ちです。
中に選べるギフトの冊子が入っていました。
何を選ぼうかあれこれ考えるのも楽しいものです。
d0093936_2064060.jpg
応募してあった事をすっかり忘れてしまうなんて相当脳の状態は老化していそうです。
こんな状態で雪景色描けるのかなぁ・・・・・
「貴女は脳の老化が進んでいますね~」と言われてしまいそうです。
[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-26 17:33 | 水墨画、墨彩画 | Comments(8)

春の陽ざし

久しぶりに暖かで穏やかな日でした。
春の陽ざしを受けて福寿草がやっと花を咲かせました。
昨年よりも10日位遅い開花です。今年も元気に咲いてくれました。
d0093936_19173095.jpg
家の附近を散策、何時もと違う道を歩いてみました。良く区画整理をされています。
少し歩くと汗ばむような陽気です。
ゆっくり歩きながら見回すと色々な発見がありました。
葉を落とした小さな雑木林にも春の日差しが差し込んで・・・今までこの時期に来たことが無くこんな場所があったのかと・・・この地に住んでもう20年近く経つのにはじめて気がつきました。
雑木林や畑が無くなり、いつの間にかマンションが経ったり住宅街が出来たりして年々風景が変わってきました。
d0093936_17281871.jpg
枯れ葉色だった畑の陽だまりの奥に赤や黄色の花が見えました。良く見るとポピーのようです。こんなところにポピー畑があるなんて・・大発見!
d0093936_1730450.jpg
真っ青な空を見上げると大きなアセビがあるのに気がつきました。
始めて見るような大きなアセビの木でした。
d0093936_18581864.jpg
歩を進めていくと何処からともなく梅の香りが漂ってきました。嬉しい事に梅畑はまだ残っていました。
d0093936_17364676.jpg
これは黄梅(オウバイ)でしょうか。落葉低木で家々の生垣に咲き始めていました。
我が家にある黄梅はウンナンオウバイで常緑樹、まだ咲いていませんが似た花を咲かせます。
d0093936_1738213.jpg
何時も車で通り過ぎていた大通りの陽だまりにも可愛いシバ桜が咲きはじめていました。
d0093936_17443275.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-23 18:33 | | Comments(6)

シンガポールは旧正月

シンガポールへは2月14日~16日の2泊3日の短い旅でした。

添乗員さんが特別にと15分ほど現地の市場を案内してくれました。
ドリアン、マンゴスチン、パイナップル、パパイヤなどが売られていました。
ドリアンの強烈な香りがしていました。ドリアンはカットして食べやすいようにして売っていました。
ドリアンやマンゴスチン初めて食べてみましたがドリアンは少し食べてやめてしまいました。
d0093936_1261042.jpg
手前のものがマンゴスチン、面白い形をしています。
免税店で解散、バスの観光は終わりです。

私とは初対面の可愛いい仲良し姉妹良く似ていて双子のようです。
義妹も仲良し姉妹もとても明るくて何時も笑いが耐えない楽しい道中でした。
皆買物が大好きです。なのにシンガポールでは、2月14日、15日は中国の正月(旧正月)、殆どのお店はシャッターを下ろしていました。近くにはタカシマヤやイセタンがあるのに何処も閉まっていました。ホテルの売店も閉まったままです。皆がっかりです。セブンイレブンやマクドナルドは営業していましたが・・・・

夕食を食べようと漸く見つけた店は「新ばし」、店頭で手打ち蕎麦を作っている風景は日本と変わりありません。神戸出身の若い男性が働いていて言葉が通じほっとしました。
最後には蕎麦湯も出て美味しい天麩羅蕎麦を食べる事が出来ました。
写真撮るのもすっかり忘れておしゃべりしてしまいました。
街を歩いているといろいろな人種に合いますが日本語はあまり通じないようです。

中国の正月風景が見られましたが、ホテルやお店など街のいたるところに金柑の鉢植えが置いてあるのが印象的でした。リボンや短冊で派手に飾ってありました。
d0093936_1336188.jpg
中国の旧正月を飾るおめでたい色は赤と金、幸福を呼ぶ色だそうです。
d0093936_1322944.jpg
免税店で買物をして10時近くホテルへ帰りました。
二人の娘にネックレスとペーパーナイフなど買いました。
d0093936_17133710.jpg
帰りはチャンギ空港第2ターミナルから出発6時間50分のフライト。第2ターミナルは南国ムードです。オンシジウムやデンドロビウムなどのランも見ました。
d0093936_1435312.jpg
シンガポールの道路は全て一方通行、渋滞もなくスムーズに流れていましたが、東京の首都高速は凄い渋滞、7時半我が家に無事着きました。
お寿司を食べながら皆で旅の話などして・・・女3人寄れば××ですが4人も揃うと賑やかです。
9時頃帰って行きました。

たった一日のシンガポール、ほんの少し南国の空気に触れた旅でした。

シンガポールで見た花
[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-19 15:14 | 旅行 | Comments(10)
今日は検査の日、起きて外を見ると雪がうっすらと積もっていました。
雪の降る中、車で20分、少し早めに出かけました。
木々は綿帽子を被ったよう・・・帰りにはもっと積もるだろうかと気がかりでした。
定期的に検査をしていますが今回は血液の流れから動脈硬化の状態を調べる検査、コレステロール値の検査でしたが嬉しい事にどちらも正常範囲内でした。
帰る頃には淡雪はすっかり解けて、今朝積もった雪が嘘のように跡形もなく消えて陽もさしてきました。

先日、そんな寒い日本から34度もある湿度の高いシンガポールに行ってきました。
シンガポールは4回目と言う弟夫婦に誘われて弟夫婦の友人姉妹と5人でツアーに参加しました。皆忙しい人たちで2泊3日という駆け足観光でした。

自宅まで迎えに来てくれ成田空港第1旅客ターミナルに車を横付け、知り合いの人に車を預けて直ぐに空港の中へ、手続きはすべて義妹まかせの気楽な海外旅行です。

17時25分シンガポールのチャンギ空港へと飛び立ちました。深夜0時5分到着。
生暖かい空気に少しだけ触れて直ぐに冷房のきいたバスの中へ、そしてホテルへ到着、暑さも寒さも気にならない移動でした。シンガポールとの時差は-1時間です。成田空港ではシンガポールに雨マークがついていて気がかりでしたがまずまずの旅日和のようす。

翌日ホテルでバイキングの朝食を済ませ8時55分バスにてシンガポール観光へと出発。
添乗員はガイド暦28年という中国人の張さん、流暢な日本語でユーモアもあり楽しい一日が始まりました。

シンガポール島は、東南アジアのマレー半島南端に隣接するシンガポール共和国63島の中で最も大きい島、東西42km、南北23kmで土地面積は世界でも狭い方ですが人口密度は世界第2位だそうです。(1位はモナコ)
土地が少ない為に住居は上へ上へと伸びて高層マンションが所狭しと林立しています。
人口500万人近いシンガポール国民の85%を越える人々が政府が建設した高層住宅団地に住んでいるそうです。残りの15%の殆どは民間のマンション、土地つき一戸建てか旧来の木造住宅に住んでいます。
d0093936_16215942.jpg
d0093936_2102531.jpg

山といわれる高さの山もないそうです。、赤道直下のため熱帯雨林気候です。
人口の75%は中国系、その他はマレー系が15%程度、その他にインド系、アラブ系など複合社会です。1965年マレーシアから独立してシンガポール共和国になりました。
宗教はヒンドゥー教、仏教、イスラム教など。

初めて見るシンガポールはガーデンシティと呼ばれるだけあって美しく整備されていました。
広い道路には街路樹が植栽されていて、時々花々やマンゴーなども見かけました。
道路はすべて一歩通行です。交通は都心では地下鉄となる電車とバス、電線なども地下埋設のようです。何事も罰金で取り締まるシンガポール禁止事項も多いそうです。
ホテル附近を散策しました。
d0093936_162341100.jpg

ヒンドゥー教のスリ・マリアマン寺院、複数の神様が祀られていrます。
靴を脱いで寺院内を見学です。
d0093936_16265831.jpg

d0093936_16304612.jpg
次いでチャイナタウンの仏牙寺へ
d0093936_16332277.jpg

d0093936_16333972.jpg
周辺には公団アパートが沢山あります。中国式の洗濯物の干し方でした。
d0093936_16361474.jpg
ラッフルズホテル見学
d0093936_16422364.jpg
シンガポールを代表するホテルです。
d0093936_16471597.jpg
d0093936_16474026.jpg
川辺にたつラッフルズ公像、シンガポール創設者、シンガポールの父とも言われています。
d0093936_16504884.jpg
シンガポールといえばマーライオン、上半身がライオン、下半身が魚の不思議な像です。海に向かって勢い良く水を噴き出しています。撮影の人々で賑わっていました。高さ8メートル、背後にはミニマーライオンがあるそうです。
d0093936_1721828.jpg
対岸の風景
d0093936_1726193.jpg
マリナヴァレッジへ
d0093936_2042992.jpg
d0093936_20503244.jpg
遠くにはマレーシアが見えます。
d0093936_17245248.jpg

半日が終わり昼食は中華料理、写真撮る暇がありませんでした。
午後はトライショー。自転車にサイドカーがついた乗物、小回りが効く足で流れる街の風景を楽しみました。車と同じ大通りを走ります。そんな時には車を停止させて優先して走ります。汗びっしょりでたどたどしい日本語で案内もしてくれました。
d0093936_1718377.jpg
フリーマーケットの中も走ります。大勢の人で溢れている中を走ります。
d0093936_1720433.jpg
チャイナ街、インド街、アラブ街などを走り抜けます。
d0093936_17213940.jpg
初めて乗るトライショー初めは前のトライショーとの距離が5センチぐらいなので恐々でしたが慣れるにしたがって爽快で楽しくなってきました。
d0093936_20172653.jpg
免税店で解散です。ホテルまで歩いて5~6分、附近にはタカシマヤや伊勢丹がありますがこの日は中国の旧正月ですべての店は閉まっていました。
[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-17 22:41 | 旅行 | Comments(9)

凍雨

今年は暖冬だといわれていますが立春を過ぎても余寒厳しく、今日の最高気温は4度です。
一昨日は氷が雨のように降る凍雨だったそうです。

霧雨、豪雨、俄雨、驟雨、篠突雨、梅雨、五月雨、雷雨、氷雨などと色々な雨がありますが、凍雨は初めて知りました。
調べてみると落下中の雨滴が地上付近の冷たい大気に触れて氷結し無定形の氷の粒になって降る現象で氷のように冷たい雨の事だそうです。雪や霰の様に不透明ではなく、凍雨はほぼ透明か、場合によっては中心部が気泡により半透明になっていて区別がつくそうです。

日本海側や北海道では連日の積雪、またワシントンでも110年ぶりに1メートルを越す積雪とか、大雪に遭われた皆さんは大変なことだと思います。

明日はバレンタインデーです。
近くのデパートへ買物に行きましたがチョコレートが所狭しと陳列されていて
買い物客で賑わっていました。
d0093936_2214153.jpg

テレビでもバレンタインデーについて特集をしていました。
料理教室で手作りチョコレートやお菓子作りをする若い男性の姿が映し出されていました。
今や逆チョコの時代のようです。
男性からいろいろな想いを伝えるバレンタインデーになっているとか・・・・・
ショッピングセンターの陳列はデパートとは少し違う雰囲気でした。
d0093936_14254128.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-12 22:26 | 自然 | Comments(10)

血圧の不思議

元気アップ教室も5回目、皆さん顔なじみになって和やかな雰囲気になり
会話も弾むようになってきました。
今日は全員参加、先生やスタッフの方々を交えて集合写真を撮り、
帰りには写真も出来あがりいただいてきました。
毎回体操を始める前に血圧を測ります。
血圧はどちらかと言うと何時も低めなので全く気にしていませんでしたが、何故かこの教室で測ると毎回高いのです。自分では緊張をしていると思わないのに不思議でなりません。他の人も殆どの人が高めのようでした。測るときの状態で数値が随分変わるものです。

血圧の高い人は日本人の3人に1人、50歳以上になると2人に1人はいると聞いた事があります。
また、高血圧の事をアメリカではサイレントキラーという物騒な別名があるそうですが、初期には自覚症状が無くそのままにしておくと動脈硬化を促進して気づかないうちに色々な命に関わる合併症を引き起こすと聞きます。
 
昨日、気になって循環器科を受診しました。待つこと1時間、血圧を測っていただくと140-70mmhgでした。「家で測ると何時も低いのですが何故高いのでしょう」とお聞きすると「診察室で測ると一般の人でも高めにでますから心配は要りませんよ。でも塩分には気をつけるようにしてください」とのことでほっとしました。

d0093936_21361313.jpg病院などで測った血圧を診察室血圧といい家で測った血圧を家庭血圧と言うそうですが診察室血圧が140-90mmhg以上、家庭血圧が135-85mmhg以上が高血圧の部類に入るそうです。
血圧の管理をするには、上腕で測る血圧計で朝夕2回づつ測り記録しておくと良いそうです。

ちなみに私の家庭血圧は平均120-70mmhg位です。

病院の傍に10本位の紅梅がありますが満開でした。
気分も晴れて紅梅が一際元気に咲いているように見えました。
d0093936_2129348.jpg
d0093936_21292470.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-10 21:59 | Comments(8)

ふつうの幸せ

先日精神科医の香山リカさんがテレビ出演していました。
昨年話題になった「しがみつかない生き方」の著者です。
画面いっぱいに映し出された香山リカさんが語っていました・
平凡で穏やかに暮らせる「ふつうの幸せ」が最近なかなか手に入らなくなってしまった今、すこしでもそれに近づく為にどのように心がけたらよいのか、25年間精神科医としての臨床経験をした立場から10のルールを提案していました。

「しがみつかない生き方」ってどんな生き方なのだろうと本を読んでみました。
10のルールとは ①恋愛にすべてをささげない。 ②自慢・自己PRをしない。 ③直ぐに白黒をつけない。 ④老・病・死で落ち込まない。 ⑤直ぐに水に流さない。 ⑥仕事に夢をもとめない。 ⑦子どもにしがみつかない。 ⑧お金にしがみつかない。 ⑨生まれた意味を問わない。 ⑩「勝間和代」を目指さない。

今の競争社会では人々は勝間和代を目指しているのでしょうが・・・・運悪く挫折や失望した時このルール思い出して見ると良いかもしれません。

人生には最高もなければ、どうしようもない最悪もなく、ただ「そこそこでいろいろな人生」があるだけなのだから、普通に頑張って、しがみつかずにこだわらずにマイペースで生きていけば誰でもそれなりに幸せを感じながら人生が送れると結ばれていました。

マイペースで至極平凡な生活を送っている私ですがそれが本当の幸せなのだと思うことはなかなか難しいことのように思いますが、このような境地になれたら本当の幸せの形が分かるかもしれまん。

公園を散歩中に見た春を感じさせる雲です。
このような雲をのんびり見ながら散歩が出来る幸せはごくあたりまえの
ふつうの幸せなのでしょう・・・・

d0093936_15243995.jpg
d0093936_15263836.jpg

夕陽を受けて雲の表情もすっかり変わりました。
(ベランダから見た雲)
d0093936_1512063.jpg

    
      春の雲は綿のごとく
      夏の雲は岩のごとく
      秋の雲は砂のごとく
      冬の雲は鉛のごとく  
                  正岡子規
 

d0093936_16245157.jpg
            
                                       

公苑の花
[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-07 16:25 | 自然 | Comments(10)

東京国立博物館へ

今日は暦の上では立春ですが今冬一番の寒さ、冷たい風が吹いています。
今日を境にこの寒さを余寒と言うようになるそうですが・・・まだまだ余寒は続きそうです。

上野の東京国立博物館で土偶展が開かれています。見てきました。
d0093936_1558037.jpg

日本各地から発掘された土偶67点が展示されています。国宝3点も含まれていました。
縄文時代のはじめおおよそ1万3000年前に出現したものから縄文時代後期のものまで、時期や地域により様々なものがあり興味深いものでした。初めのころの土偶は顔や手足の表現がなく単純小型のもの、次いで頭の表現を持ち両腕を翼状に張り出し、そして装飾性に富んだ立体土偶が誕生するなど各地で多彩な土偶が見られるようになりました。
繊細でデザイン性に優れたものなど縄文のひとびとの心豊かな表現は現代美術と錯覚しそうです。
一つ一つ見ていくうちに土偶の世界に引き込まれていきました。(2月21日まで)

d0093936_1621347.jpg国宝の一つです。 
合掌土偶
座り込み胸の前で合掌する姿は神に祈りをささげているようです。独特の顔の表現から仮面をつけた土偶との説もあるそうです。
折れた部分は天然のアスファルトで接着した後があって当時如何に大切にされていたかが分かります。
縄文時代後期(前2000~3000年)のもの
青森県八戸市風張1遺跡から出土したもの
会場内は撮影禁止。
ポストカードのものです。


博物館の前には大きなユリノキがあります。
前回来た時にはチュ-リップのような花が咲いていました。
傍には表慶館があります。
d0093936_16281148.jpg

今年のぼたんはどうだろう・・・と博物館の近くの東照宮ぼたん苑に立ち寄りました。
藁の雪囲いの中で寒さに耐えて今年も綺麗に咲いていました。
d0093936_16343548.jpg
d0093936_16352734.jpg

スイセンや紅梅、福寿草、三又、アカバナマンサクなどの花もところどころに咲いていて、冬の中から春が一足先に来たようでした。
d0093936_1639250.jpg

4月の中旬からは春のぼたんやシャクヤクが公開されます。
[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-04 16:51 | Comments(6)

雪になりました

日中は薄日も射していましたが予報どおり雨から雪になりました。
久しぶりの纏まった雨に植物もほっと一息ついているようです。

玉敷神社と言えば百畳敷きの藤があることで知られていますが、
今日2月1日はだるま市が立つ日だそうです。
だるま市に行った事がなくどんなものなのだろうかと菖蒲町まで出かけたついでに少し足を延ばして寄ってみました。

参道には所狭しと露店が出来て大勢の人たちで賑わっていて、昔友達と藤を見にきた時とは雰囲気が全く違っていました。
玉敷神社の創建は703年と非常に古いそうです。
d0093936_16533438.jpg
本殿の脇にはすっかり葉を落とした大きな2本の銀杏の木、そして前には大きな狛犬が鎮座しています。
d0093936_1704745.jpg

本殿の傍には1836年に建立されたと言う茅葺き屋根の神楽殿があります。
この神楽殿で国指定の重要無形民俗文化財の玉敷神社神楽が奉納されるそうです。
何時か見てみたいと思います。
d0093936_178497.jpg
近くの小学校の課外授業はだるま市のようです。2年生でした。皆楽しそうです。
d0093936_17104516.jpg
d0093936_1715262.jpg
各お店によってだるまの顔が違うそうですが私には皆同じように見えて違いが良く分かりませんでした。
d0093936_1717932.jpg
d0093936_1718098.jpg

藤の花や銀杏が美しい時に再び訪れてみたいと思いながら帰ってきました。

帰宅して暫くすると雨が降り出し夜になって雪に変わりました。
明日の朝までに10㎝位積もるといいます。
d0093936_20111167.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-01 17:47 | Comments(8)