Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

元気です

朝、Tさんから電話がありました。
Tさんは今年80歳、至極元気で若々しくとても年齢には見えません。
新聞で森林公園のコリウスが見ごろを迎えているという記事を見てどうしても今日行きたいというのです。
ご主人が留守で、鬼の居ぬ間に・・・・ですって、
何時も行動を共にしているのに今日は同窓会で珍しく別行動のようです。
今日は曇り、涼しそうなので、急遽出かけることにしました。
いつもなら空いている道路なのに2ヶ所の道路工事で大渋滞、40分以上も予定より時間がかかってしまいましたが、道中、敬老会で聞いてきた長寿の秘訣カキクケコを教えてくれました。
は感動する、は興味を持つ、は工夫する、は継続させる、は好奇心を持つ事だそうです。Tさんの元気の秘訣について更に聞きますと自分でしたいことをして、くよくよしない事だそうです。今年の健康診断の結果はオールAだったそうです。
詩吟、ヨーガ、絵、家庭菜園、料理、洋裁と毎日飛び回っているのです。最新型の携帯電話を使いこなし、何時も万歩計をつけて時には20000万も歩く事があるとかお手本にしたい人です。

舗装した散策路を行くとコリウスが見えてきました。
d0093936_2143453.jpg

パッチワークのように植栽されたコリウスに感動していました。、45種、25000株あるそうです。
d0093936_219117.jpg
象の展望台にもさっさと登っていい眺めよ~
d0093936_2183441.jpg
今年のコリウスは大きくならないように丈を揃えて手入れをしたので良く出来上がったと聞きました。アゲラタムが彩りを添えていました。
d0093936_21311625.jpg
近くにはキミガヨランが高いところに花を咲かせていました。
d0093936_21333261.jpg
舗装した散策路から野草コースへと入りました。小径はウッドチップが敷き詰められていて歩きやすくなっていました。
d0093936_21352847.jpg

ヤマジノホトトギスが沢山咲いていました。
白いものを初めて見たと駆け寄ってじっと眺めていました。
d0093936_2120646.jpg
d0093936_21202460.jpg
山トリカブトも始めてみました。意外と小さな花です。珍しいものを見つけると携帯のシャッターを切っています。プリントも自分でします。
d0093936_21213313.jpg

ヒヨドりバナは沢山咲いていました。
d0093936_21231513.jpg
ヤマアザミが見頃を迎えていました
d0093936_2210030.jpg
幹がねじれたような肌をしたネジノキを見つけて傍に行って触っていました。
d0093936_21273120.jpg
ワレモコウを庭に植えたのに枯れてしまった・・・・どうしてかしらと訪ねられました。
やはり野に置けかしら・・・ね。
d0093936_21282655.jpg

疲れたでしょうと声をかけると大丈夫よ~と元気な声が返ってきました。
3時間程で森林公園を後にしました。
[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-28 22:31 | | Comments(10)

彼岸花

お彼岸で親戚まわりをしたり、娘達が子供を連れてきたりとシルバーウィークも瞬く間に過ぎてしまいました。会社や学校も始まり人々は駅へと急ぎます。

今日は朝から雲ひとつ無い真っ青な空がひろがっています。
吉見堤のヒガンバナは今年も咲いているだろうか・・・
家から一番近いヒガンバナの群生地、買物のついでに足を延ばして行ってみました。
いつもならこの時季は駐車場には入れないこともあるのに今日はがらんとしていました。
今年は咲いていないのかも知れないと思いながらしばらく遊歩道を歩いて行きました。
もう終わりを迎えたヒガンバナが一輪、今年は昨年よりも早く咲いたのかもしれない。
もっと咲いているはず・・・と更に進むと、やはり咲いていました。
ヒガンバナの群生です。
見ごろは少し過ぎてはいるもののまだまだ綺麗です。カメラマンの姿も見かけました。
d0093936_15564343.jpg

沢山の蝶がひらひら舞っています。モンシロチョウみたいです。
d0093936_15574268.jpg
約1kにわたって群生しています。静かでのんびり散策するには恰好の場所です。[
d0093936_1664622.jpg
サイクリングロードにもなっています。
d0093936_17191337.jpg
ところどころにニラの花をみました。
d0093936_1681912.jpg
側には田園風景が広がっています。黄金色に染まった田んぼが見事でした。
d0093936_16102770.jpg
刈り取られて野焼きをしてある田もところどころに見受けられます。
d0093936_16121344.jpg

農家の庭先では鶏頭が花盛りでした。
d0093936_16131954.jpg

オレンジやピンク、赤など色とりどりに咲き乱れていました。
d0093936_1643426.jpg

スーパーに寄り買物をして帰りました。
[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-24 17:06 | | Comments(10)

ホテイアオイ

所用があり行田に出かけましたが、帰りに水城公園のあおいの池で見ごろを迎えているホテイアオイを見つけました。
道路沿いには大勢のカメラマン、近くの公民館に車を停めて行ってみました。
今年は例年よりも沢山花が咲いたそうで通りかかったのはラッキーでした。
d0093936_19561844.jpg
ホテイアオイはミズアオイ科の南米原産の浮遊植物です。
朝方開花して夜には萎んでしまうそうです。
d0093936_19405267.jpg
水田や用水などに株がどんどん増殖して行くので害草になっているところもあるそうですが害草にしては惜しいほど綺麗な花です。
d0093936_19352278.jpg
絶滅が危惧されているミズアオイを先日森林公園でみました。
ホテイアオイよりも小さな花でした。
d0093936_1942597.jpg

森林公園で見つけたヤマジノホトトギス・・・やっと出会えた花でした。
d0093936_19495797.jpg
そして珍しい彼岸花が一本、シベの部分がピンク色、近くにはシロバナマンジュシャゲがありましたので、この花の変種でしょうか。
d0093936_19544417.jpg
オミナエシ(女郎花)やオトコエシ〈男郎花)、ワレモコウ(吾亦紅)が秋を感じさせてくれました。
d0093936_2003189.jpg
d0093936_201397.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-20 20:14 | | Comments(12)

下町風俗資料館へ

下町風俗資料館へ入ってみました。
明治から昭和にかけての歴史や江戸下町の暮らしの様子が狭い館内に沢山展示されています。昔の生活が再現されていて子供の頃を懐かしく思い出しました。
駄菓子屋を設えた狭い路地も通れます。
d0093936_20573365.jpg
d0093936_20583780.jpg
大正の頃は着物や帯、反物などを家までこうして運んできて居ながらにして選んで買うことが出来た様ですが、私の子供の頃は車で呉服屋さんがこうした出前販売に来ていましたが・・・最近はその呉服屋さんも閉店してしまいました。
d0093936_20592744.jpg
d0093936_210374.jpg
お風呂屋さんの番台
d0093936_2104989.jpg
五右衛門風呂
d0093936_2112054.jpg
子供達の遊びも変わってきました。遊び道具が色々展示してありますが最近の子供たちには縁遠いものばかりでした。
ベーゴマや着せ替え人形。
d0093936_2115622.jpg
d0093936_212202.jpg
井戸やかまど。
d0093936_21212147.jpg
ミシンを踏んだり、番台に座ったり引き出しを開けたり自由に出来ます。
d0093936_2225254.jpg
外国からの観光客もものめずらしそうにふれていました。
d0093936_22273621.jpg

上野広小路方面へと帰りました。
[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-18 22:32 | Comments(6)

トリノ・エジプト展へ

毎年市から成人歯科健康診査票が送られてきます。
個別に指定の期間内に市内の歯科医院で受けられるようになっています。
自分では気づかないでいる虫歯など早期に治療が出来たり歯石の除去などいつも健康な歯に保つことが出来るので毎年受診していますが、今回は少しの歯石の除去だけで無事終わりました。
8020という言葉を聞きますが80歳になっても自分の歯が20本あれば美味しいく食べられて豊かで楽しい生活が出来るといいますから歯は大切にしたいですね。

今、東京都美術館で「トリノ・エジプト展」ーイタリアが愛した美の遺跡ーが開催されています。
イタリアの西北部の都市トリノといえば冬季オリンピックが行われたところですが、そこにトリノ・エジプト博物館があり世界屈指のエジプトコレクションがあり、その博物館から選ばれた120点が今回展示されています。
大型の彫像やミイラ、棺、副葬品等が展示されていて、古代のエジプト人の死生感を垣間見たような気がしました。
ツタンカーメン王の像や子供のミイラ、彩色が施された石棺や木館など紀元前のものとは思えない状態で保存されていた事に驚きました。
死後も生前と同じ場所で永遠に生きて行くことをを望んだようでした。
d0093936_12375928.jpg

新型インフルエンザを心配してマスク持参で行きましたが混雑している会場や電車の中でもマスクをつけている人は殆ど見かけませんでした。
まだ大流行にはなっていないためかもしれません。

美術館を後にして付近を散策しましたがこの日は日曜日で、色々なイベントが開かれていて家族連れの人たちを大勢見かけました。
花園神社の近くで沢山の彼岸花をみました。今年はじめて見た彼岸花です。
縁結びの神社 花園神社
d0093936_1252266.jpg

木もれ陽を受けて咲いた彼岸花
d0093936_12544070.jpg

白い彼岸花も・・・・
d0093936_12565410.jpg

何故ここに彼岸花があるのかしら・・・と斜面を見上げた先には上野大仏と書かれた字が見えます。供養塔があるようです。そして人形供養受付中の看板もありました。

不忍池は一面に大きな蓮の葉、季節により色々な表情を見せてくれます。
d0093936_1393897.jpg
葉陰に一輪の花が・・・もう今日でおしまいのようです。
d0093936_1385943.jpg
この蓮池の反対側には台東区立下町風俗資料館があり、大正時代の古きよき江戸の風情をとどめる街角や人々の暮らしの様子を再現しています。
d0093936_13201375.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-15 13:22 | Comments(6)

天高く・・・

何時しか蝉の声から虫の音に変わり、年賀はがきの予約の受付もはじまったようです。
萩が真っ青な秋空に映えています。今年2度目の花をつけました。
山上憶良が秋の七草の一つとして萩も選んでいます。
「萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 女郎花 又藤袴、朝顔の花」
d0093936_21224266.jpg
タマスダレも綺麗に咲き揃いました。放っておいても球根が増えて毎年良く咲いてくれます。
d0093936_2124425.jpg
鶏頭、毎年種がこぼれて何処にでも芽を出します。
鶏頭の十四五本もありぬべし と詠われています。
d0093936_21473134.jpg
南天が色づきはじめ今年も又小鳥達に持って行かれそう。
d0093936_2112780.jpg
散歩の途中で見つけたうつむき加減に咲く花はシュウカイドウでしょうか
d0093936_2152838.jpg
これはミズヒキの花でしょうか
d0093936_221623100.jpg


嬉しい日
[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-11 22:38 | | Comments(10)

変わってきました

14年ぶりに町内会の班長の順番が廻ってきました。
現在13軒ありますが最近個人情報に気を使うようになり家族構成が記してある帳簿はなくなり引継ぎ事項もありませんでした。
出入りの激しいアパートなども同じ班になっていて戸惑う事がままあります。
入会しない人も多く、表札も無く、同じ町内に住んでいるのにどんな方が住んでいるのか分からないのは気がかりですが、時代と共に変わってきたようです。
以前は何処の家庭もオープンで名前と顔が一致していましたが・・・・
人口が多くなり都会化するに従いコミュニテイが薄れてきているように思えてなりません。

時々家の近くを散歩しますが、いつの間にか街並みが変わってきて、
ネイルサロンや美容院、レストラン、保育園、介護支援センターなどもできました。
残されていた雑木林の下草が綺麗に刈り取られていて小さな公園もできました。
アカマツやクヌギ、コナラ、エゴ、樫の木などの大きな木もあります。
雑木林の中にベンチが幾つか置かれていてコミュニテイの場になりそうです。
なんの実だろうと近づいて見るとヤマボウシの実、沢山生っていました。
大きなヤマボウシの木でした。
d0093936_141471.jpg
エゴの実がたわわに生って風に揺れていました。
d0093936_1464392.jpg
樫の実も・・・間もなく子供たちがどんぐりを拾いにやってきそうです。
d0093936_1411713.jpg
木の天辺に沢山の蝉の抜け殻、こんなに高くにあるのを始めてみました。
儚い命を一生懸命に生きた証のように思えます。
d0093936_141665.jpg

入り口にはヤマイモの実ムカゴが生っていました。このムカゴ炊き込みご飯に入れたり、炒めたりして食べるとほくほくして美味しいとか・・・試した事はありませんが。
d0093936_14341430.jpg
自然のままの公園では楽しい発見もありました。
公園の近くの家で見た芙蓉、八重咲きなので酔芙蓉ではないかと思いながら見ましたが・・・はじめ見た時よりも濃い色になっていました。
大きく育って高い高いところに咲いていました。
d0093936_14425668.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-08 15:38 | 自然 | Comments(8)

喜多院

アッという間に9月になってしまいました。
所用があり川越を通って行きましたが、帰りに川越に寄り道してしまいました。
今回は喜多院へ
記憶はおぼろげですが山門を見るとずっと昔職場の人たちと来たことを思い出しました。
突然の雨に降り込められて雨宿りした山門です。
d0093936_15471375.jpg

喜多院には江戸城から移築された徳川家光誕生の間や春日局化粧の間や、鴬張りの廊下があったことなどを思い出し入ってみることにしました。

川越大使喜多院は天長7年(820〉慈覚大使が阿弥陀如来を安置して無量寿寺を開いた事がはじまりといいます。その後天正16年(1588)に天海が喜多院に入り27世を継ぐ事になりました。天海は徳川家康が川越に鷹狩りに来た折に接見して以来家康の厚い信頼を得ることになりました。幕府より伽藍の建設や寺領の寄進を受けて喜多院の隆盛の基を作ったのです。
江戸城より移築したもの、山門、東照宮、慈眼堂、鐘楼門等は国の重要文化財になっています。
d0093936_154669.jpg
この先に春日局化粧の間があります。
d0093936_1624163.jpg
鴬張りの廊下
d0093936_1633812.jpg
家康の遺骸を日光へ改葬の途中、喜多院において4日間の法要を営み、この因縁により東照宮が建立されています。
d0093936_15541049.jpg
天海僧正は慈眼大師の号を受け、喜多院境内に慈眼堂が建てられています。
d0093936_1559840.jpg
遠州流枯山水書院式平庭
d0093936_1651643.jpg
葵庭園
d0093936_1611424.jpg
鐘楼門
d0093936_16163086.jpg
多宝塔(県指定文化財)
d0093936_1623299.jpg
山門前には天海僧正像があります。 
気はながく 勤めはかたく 色うすく 食ほそうして こころひろかれ〈天海僧正 長寿歌)
d0093936_1626018.jpg


五百羅漢
[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-04 17:04 | Comments(14)