Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雨上がり

予報どおりに午後から良い天気になりました。
剪定しすぎて今年は咲かないかと思っていたヤツデがたっぷりと水分を含んで咲いています。
水滴が太陽の光を浴びてキラキラ輝いています。
あまり気にもとめていなかったのに改めてみると綺麗な花です。
d0093936_1950363.jpg
d0093936_19515670.jpg
赤いサザンカに何故かピンクの花が一輪咲きました。もう15~6年経っているのにこんな事ははじめてです。良く見ると隣にある蕾もピンクのようです。
d0093936_19593533.jpg
そして白いサザンカが大きな花を咲かせました。
15センチぐらいはありそうです。こんな事も珍しいことです。
一本の木なのに花の咲く時の条件によるのでしょうか・・・
d0093936_2072786.jpg
何時もの大きさは一回り小さめです。
d0093936_20914.jpg
アロエの花を下の方から写してみるとこんなふうになりました。
同じアロエ属の不夜城と良く似ている花です。
d0093936_2032634.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-28 20:42 | 自然 | Comments(8)

長瀞ライン下り

先日、雪を被った真っ赤なモミジがテレビに映し出されていました。
紅葉前線も大分進んできています。
ここ長瀞の紅葉は盛りを過ぎてしまいましたがもう少し楽しめそうです。
長瀞は埼玉県の西北部、荒川の中流域に位置する景勝地です。
「長瀞の岩畳」は国指定の名勝天然記念物になっています。
d0093936_1091499.jpg
上長瀞から歩いてくると宮沢賢治の歌碑がありました。地質を調べる為に訪れました。
つくづくと「粋なもやうの博多帯」荒川ぎしの片岩のいろ
d0093936_1013351.jpg
長瀞で見られる岩石は「結晶片岩」といい、地下深いところに押し込まれた岩石が高い圧力によって変成を受けた岩石で、薄くはがれやすいパイのような性質を持っているそうです。
d0093936_10293237.jpg
遊歩道から観光客をのせてライン下りをしている舟が見えました。
d0093936_10332250.jpg
波のしぶきをよけるようにとビニールをあげて通ります。
d0093936_1033414.jpg
上長瀞から長瀞まで川沿いを歩いていくと真っ赤になったピラカンサが沢山あって一際彩を添えていました。
d0093936_10421678.jpg
長瀞に着くと、丁度ライン下りの舟が出るところでした。3kを30分弱で下ります。
何回か乗ったことがありますが紅葉の頃は始めてなので乗ることにしました。船頭さんの軽妙なガイドにより下ります。
d0093936_10484543.jpg
長瀞の瀞は川底が深く流れが静止しているように見えるところを言いますが、ところどころ流れが急なところもあってしぶきがあたり大急ぎでビニールで避けたり、大きな岩に身を屈めたりして下ります。
d0093936_10543031.jpg
水量は少ないそうですが昨日の雨で増量したそうです。
d0093936_112579.jpg
上から見るのとは違った楽しさがありました。
d0093936_1181334.jpg
ライン下りが終わると舟はトラックで発着所へ戻し、乗客と船頭さんはバスで戻ります。
d0093936_11114255.jpg

雨上がりの小春日和、11月25日のことでした。
d0093936_11172664.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-27 11:24 | 旅行 | Comments(10)

カイノキ紅葉

紅葉が進んできて近くの公園の銀杏も美しく色づいてきました。
カイノキの紅葉は美しいと聞き、もう色づき始まっているだろうかと昨日行ってみました。
美術館の庭園と思っていたのですが良く聞いてみると市立の公園で
美術館の庭園とは地続きになっていました。
ここのカイノキは高さが16メートルもある巨木で仰ぎ見るようです。
枝の張り方も大きく一本の木なのにいろいろな色に彩られていました。
d0093936_1737107.jpg
下から見上げると真っ青な空に光をあびて鮮やかに輝いていました。
d0093936_1742985.jpg
下の方は未だ黄色でしたが美しい色です。
d0093936_175514.jpg
天辺は真っ赤にそして次第に黄色く下の方は緑と色とりどりでした。
d0093936_1726404.jpg


障子はり
[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-23 18:57 | Comments(6)

仙台

次の日は早起きして朝市に行こうという事になり宮城県南部では最大規模という閖上(ゆりあげ)港朝市へと向いました。
閖上港朝市は毎週日曜日や祝日に開かれているそうです。
今日は日曜日、朝市は6時から10時まで開かれているそうです。
7時少し前に着くと朝からお祭りのような賑わいで、広い駐車場も一杯でした。
約70店舗あり、新鮮な海の幸や野菜、地場産品が勢ぞろい活気が漲っていました。
d0093936_16455699.jpg

d0093936_16542253.jpg

d0093936_1655566.jpg
笹かまぼこ焼きの体験コーナーでは長い列でした。
d0093936_16571355.jpg
10分ぐらいかけて焼き上げ、熱々の笹かまぼこを食べましたが、焼き立ては美味しいです。
d0093936_16582427.jpg

港では漁師さんが網から蟹をはずしていて大きな蟹を見せてくれました。
朝市の蟹は直ぐに売り切れてしまうそうで、ここで採れた蟹はありませんでした。
d0093936_1710265.jpg
小雨がぱらつき出したので朝市を後にして、美しいケヤキ並木のある杜の都仙台へ、
鬱蒼とした杉木立のつづら折りの坂路の仙台城跡を車でまわり、
東北を代表するショッピングストリートへ、ここは七夕通りにもなっているそうです。
d0093936_17351279.jpg

もうクリスマスのサンタさんが宙に浮いていました。
買い物大好きな義妹の案内で、お土産などを買い帰路につきました。
一泊の旅でしたが美味しいものを食べて、美しい紅葉をみて楽しい時を過ごしました。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-20 18:07 | 旅行 | Comments(8)

平泉その二

毛越寺へ着きました。モウツウジと読みます。
越という字は通常はツウとは読まないのでモウエツジと読んでしまいましたが、
エツは慣用音ではオツ、従ってモウオツジになりモウツジから更にモウツウジになったそうです。

850年ほど前奥州藤原氏がこの平泉に多くの仏寺を造りました。
幾多の戦乱を生きた人々の平和へ願いであり、戦いで亡くなられた人々への供養にと二代藤原基衝が建立したこの毛越寺には、極楽浄土を地上に表現した庭園が造られていて、平和への熱い思いが込められています。
桜、山吹き、つつじ、花菖蒲、蓮、萩など四季おりおりに花々が咲く浄土庭園です。
d0093936_11161572.jpg

d0093936_11255538.jpg
d0093936_1610562.jpg
d0093936_11194876.jpg
800年たった今も変わらぬ美しさで平安時代の作庭様式を残す日本最古の庭園と言われています。紅葉で美しく彩られていました。
d0093936_1155921.jpg
浄土庭園には大泉が池が広がり夕闇迫る静かな水面にうつくしい陰を落としていました。
d0093936_11203866.jpg
d0093936_11225816.jpg
広々とした海岸の砂洲を表現して水位の昇降に応じてその姿を変化させるという州浜
d0093936_11241290.jpg
毛越寺開山慈覚大師をおまつりする開山堂
d0093936_1217285.jpg
d0093936_13194963.jpg
毛越寺の近くに建谷窟毘沙門堂があり、夕暮れてきましたが立ち寄りました。
20分ぐらいで拝観できるというのですが陽もだいぶ落ちてきてほの暗くなってしまい良い写真は撮れなくて残念でした。
坂上田村麻呂が清水寺を模して造らせたという毘沙門堂
d0093936_12254613.jpg
岩壁に刻まれている岩面大仏は源吉義家が戦没者を弔う為に彫り付けたと伝えられていて、「北限の磨崖仏」として貴重なものだそうですが、風雪に曝されて岩が剥がれ落ちていてその姿は良く分かりませんでした。
d0093936_12373482.jpg

漸く7時過ぎ渋滞に巻き込まれながら仙台駅近くの
弟の職場指定のホテルに到着し寛ぐことが出来ました。
皆で乾杯、明日の予定はどうしようかと楽しい話も弾みます。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-19 13:05 | 旅行 | Comments(4)

平泉へ

今年の紅葉はどの辺まで進んでいるのだろうか気になっていました。
弟夫婦が仙台に宿を取ったからと妹と一緒に誘われ4人で一泊旅行をして来ました。
首都圏発着型の仙台・宮城遊遊フリーパス、高速道2日間乗り放題9900円という
サービスを利用しての自由気ままな楽しい道中でした。
ドライバーは弟、東北道をまっしぐら宮城へと向かいました。
那須高原あたりの紅葉は真っ盛りで美しい紅葉が何処までも続いています。
d0093936_1951312.jpg
パーキングエリアで見た美しい紅葉に歓声、付近を散策してゆっくり休憩です。
d0093936_19541573.jpg
d0093936_19555835.jpg
平泉観光をしようということになり初めに中尊寺へ、何回か訪れた事がありましたが紅葉の頃は初めてでした。
平泉の文化遺産を世界遺産に登録をと目指している地域です。
平泉はかつてはみちのくの文化の中心でした。12世紀藤原清衝は中尊寺を造営、二代基衝は毛越寺を三代英衝は無量光院と父子三代100年にわたって仏教による理想郷を建設しました。薄幸の武将源九郎義経の終焉の地でもあります。(一部パンフレットより抜粋しました。)
d0093936_206021.jpg
松や杉の緑が一段と彩をそえています。歴史をしのぶ杉並木が続いていました。
d0093936_20171691.jpg
中尊寺は天台宗の東北の大本山です。嘉祥3年(850年)慈覚大師円仁によって開かれたそうです。
d0093936_203630.jpg
菊祭りが行われていました。そのためか沢山の人が観光に訪れていました。
d0093936_2034535.jpg
d0093936_2043559.jpg
菊の花の三重塔は遠目にも鮮やかに見えました。
d0093936_2045960.jpg
金色堂は今回は外から眺めました。国宝になっています。
d0093936_20839.jpg
薬師堂周辺のモミジはことのほか美しくみえました。イロハモミジが多いようでした。
d0093936_2011468.jpg
月見坂周辺の紅葉
d0093936_20132238.jpg
d0093936_2020530.jpg
七五三参りの家族連れが紅葉をバックに記念撮影です。
d0093936_2110371.jpg
d0093936_20141855.jpg

中尊寺から5分ほどのところに毛越寺があります。
特別史跡、特別名勝毛越寺の紅葉も美しく日本最古の庭園があるそうです。
4時30分まで拝観できると聞いて急いでそちらに向かいました。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-17 21:56 | 旅行 | Comments(12)

シャコバサボテン

小春日和の一日でした。
姪が女の子を出産したのでそのお祝いに行ってきました。
3150グラム、女の子にしては大きめで育てやすそうです。
目のパッチリした可愛い赤ちゃんでした。
最近は産科医が少なくなったと問題になっておりますが、産科医
のいる病院はとても混雑していてたった4日間の入院だったそうです。
母子ともども元気だったのは何よりでした。
すくすくと元気に育って欲しいと思います。
妊婦さんが安心してゆっくりと出産できるような環境が無いと
少子化も解決できないのではと思いました。
 
シャコバサボテンが沢山花をつけました。
4年ほど前に友達からいただいたものですが、毎年よく咲いてくれます。
あまり手入れをしなかったので格好がだんだん悪くなってしまいました。
d0093936_2017627.jpg

葉状茎の仕立て方が上手く行きませんでした。
温かくなった頃戸外の半日陰において、寒くなって赤い蕾がつきだした頃室内に入れましたがタイミングが良かったのかみるみるうちに咲き出しました。
来年はもう少し葉状茎(茎節)の形を整えて咲かせたいと思います。
シャコバサボテンの別名はクリスマスカクタスとかデンマークカクタスと言うそうです。
原産地はブラジルです。
サボテン科なのに棘が無く葉と見えるのは茎節で、そのギザギザがシャコに似ていることから
シャコバサボテンと言うのだそうです。
d0093936_20184495.jpg
花言葉は「美しい眺め」
d0093936_20522669.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-14 20:49 | | Comments(10)

庭の花

日ごとに寒さも増してきて今日は肌寒い一日でした。
毎年この頃になると美味しい柿を届けてくれる友達がいます。
今年はあまりならなかったといいながら届けてくれました。
暫くすると米どころ新潟魚沼に実家がある友達が新米が届いたからと持ってきてくれました。
食欲の秋!美味しいものを頂いてあったかい心根に感謝、感謝の日でした。
d0093936_19105922.jpg

「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われますが柿にはビタミンAやC、カリウムが豊富に含まれていて風邪の予防には良い果実だといいます。またタンニンが含まれていて二日酔いなどにも良いと聞きます。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

小さな庭にも秋の深まりが感じられます。
ライラックやドウダンツツジが紅葉したり秋咲きのクロッカスやサザンカ、菊も咲き始めました。
d0093936_19291562.jpg
d0093936_1930060.jpg
d0093936_19334113.jpg
d0093936_1932353.jpg
d0093936_193450100.jpg
d0093936_19434784.jpg
花期の長いヒメツルソバは蔓延って未だに元気に咲いています。良く見ると可愛い花です。
d0093936_19373244.jpg
d0093936_1938850.jpg
四季咲きのバラが美しく咲いています。
d0093936_19495535.jpg
d0093936_2025085.jpg
シコンノボタンやホトトギスも頑張って次々と花を咲かせています。
d0093936_200699.jpg
イエローエンジェルが今年は沢山咲きましたが、花数もだんだん少なくなってきました。
d0093936_20124579.jpg
間もなく霜が降りて寂しい庭になります。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-11 20:17 | | Comments(10)

自然観察公園

今日は立冬です。
早朝降っていた雨も上がり急に陽が射して立冬とは思えないほどの
温かい空気に包まれました。
昨年の今頃姉の最後を看取った病院の近くを通るとユリノキやコナラの街路樹が美しく紅葉していました。昨年も同じ風景だったのにゆとりの無い気持ちでいたのかこの美しい紅葉も楽しめませんでした。病院の直ぐ側に自然観察公園があり、漸く行って見ようという気になり公園内を散策してきました。
昔から残っていた自然をそのまま活かして、生き物が暮らしやすいように、また人々が自然に親しめるように整えた公園です。
公園内の紅葉はまだ早いようですが色づきはじめていました。
d0093936_16102529.jpg
雑木林や湿地、沼などがあり自然形態観察公園として昔の里山がそのまま残されています。
d0093936_1451545.jpg
鬱蒼とした小道を行くとマムシに注意の看板やタヌキやキツネに会えますなどの看板があります。目線を変えて動物の目線で見るとけもの道も観察できるようです。
時々ジョロウグモでしょうか、大きな網を作っています。落葉が網にかかって揺れていました。
d0093936_1662959.jpg

d0093936_14563317.jpg

d0093936_14574367.jpg
この沼にはマガモ、カルガモ、コガモ、オナガカモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、バン、カワセミなどこれから冬鳥も沢山渡ってくるそうです。
d0093936_14581529.jpg
d0093936_14591146.jpg
静寂の中アシの葉がかさこそとゆれて生き物たちの息遣いが聞こえるようです。
d0093936_1517544.jpg
遊歩道を行くと色々な小鳥たちが囀り、飛び交っています。シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、キジ、モズ、カケス等などを確認しているそうです。
d0093936_1526594.jpg
公園入り口近くに自然学習センターがあり2階では望遠鏡で観察することもできます。
今日は小学1年生が自然観察にきていました。双眼鏡持参でバードウオッチングをしている人々も見かけました。
d0093936_15322288.jpg

d0093936_16201619.jpg
ヨシの繁みからハトが出てきました。キジバトでしょうか・・・そ~と近づきました。
d0093936_15354864.jpg
赤い木の実があちこちにあり、小鳥たちも安心して暮らせそうです。
d0093936_15424967.jpg
d0093936_1646297.jpg
公園の入り口で赤い実を見つけました。管理人が教えてくれました。シロダモといい花と実が一緒に見られる木で、クスノキ科、葉の裏側が白っぽいのです。
d0093936_155276.jpg

四季折々色々な動植物に会える自然が豊かなところです。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-07 17:05 | 自然 | Comments(6)

チョウセンアサガオ

先日木枯らし1号が吹きました。
天気予報の折に木枯らし1号について気象予報官が話題にしていました。
いつ頃から木枯らし1号と言うようになったのか・・
1956年10月に初めて木枯らし1号という言葉を使い、
その他に木枯らしナンバーワンとか初の木枯らしと言っていたそうです。
そしてその翌年頃から木枯らし1号と命名されたそうです。
もう50年も聞いている馴染みの言葉です。
最大風速8メートル以上の北風が吹いた最初の日が木枯らし1号になるそうです。

そんな木枯らし1号が吹いたのにチョウセンアサガオが舗装道路の雑草の中で健気に咲いていました。
車の排気ガスにも耐えています。
チョウセンアサガオは上向きに咲きます。
d0093936_14471874.jpg
この上を向いて咲いている花を
調べて見ると別名マンダラケというそうです。
ど根性大根は聞いたことがありますがこれはど根性マンダラケでしょうか・・・
「華岡青洲の妻」のなかで妻や母に試した麻酔薬にこのマンダラケが使われたといいます。
茎や葉を精製して麻酔薬「通仙散」を完成させたのです。
d0093936_1453579.jpg

畑の畦道や家々の庭にマンダラケに似た
下を向いて咲いているものをよくみますが、これはキダチチョウセンアサガオです。

寒くなって花も終わりそうでうですが、今年は沢山花をつけたキダチチョウセンアサガオ
を見ました。
下向きに咲くこの花は別名エンジェルトランペットと言われています。
d0093936_1451177.jpg

d0093936_1643399.jpg
ピンクのエンジェルトランペットが畦道に咲いていました。
d0093936_14523329.jpg

マンダラケやエンジェルトランペットは毒草と言われています。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-11-04 15:52 | | Comments(8)