Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

園芸植物園

大崎公園に隣接している園芸植物園があります。
いま温室ではどんな植物が花を付けてているのだろうかと出かけました。
家から22キロ位なのに渋滞にまきこまれて2時間近くかかってしまいました。
前後には大きなダンプカー・・・渋滞はあると思っていましたがこれほどとは・・やはり東京方面へは電車がいいと思いながらの道中でした。
公園内にはふれあい動物園や小さな子供達の遊具、釣り池などもあり家族ずれで賑わうところのようです。今日も幼稚園児や小学生が先生に引率されて大勢来ていました。

植物園には三棟の花卉温室や花木園、見本庭園などがあります。
d0093936_13213070.jpg
d0093936_13314538.jpg
温室ではトックリヤシやマンゴーなどもなっていましたが、以下は花の一部です。
コルディリネ 家にも10数年前からありますが花を見たことがありません。
d0093936_12231444.jpg
コダチヤハズカズラ キツネノマゴ科 一年中開花するそうです。
d0093936_12282595.jpg
温室の入り口に咲いていたノボタンリトルエンジェル 
ノボタンにはシコンノボタン、ヒメノボタン、シダレノボタン、ブータンノボタンなどがあるそうです。
d0093936_12292193.jpg
グロッパ・ウィニティ  ショウガ科 別名シャムの舞姫
d0093936_12304023.jpg
ビレア・シンプサンセット ツツジ科 別名 マレーシァ石楠花
d0093936_12324525.jpg
ストリクツム キツネノマゴ科 別名 紅筒花 燃える炎ような赤い花なので英国ではファイヤースパイク(炎の穂)というそうです。
d0093936_123359100.jpg
ベニヒモノキ トウダイグサ科 温室で垂れ下がって咲いている赤が一際めだっていました。花の長さは20~50センチになります。
d0093936_12345646.jpg
ペンチュラ 別名 オオムノクチバシ 
近くにオオムの様に話す大きなコンゴウインコがいて籠の中からオハヨウと挨拶してました。
d0093936_12361890.jpg
パキスタキスキツネノマゴ科 別名 ウコンサンゴ
d0093936_13372186.jpg

ランの温室には色とりどりのランが芳香を漂わせていました。
d0093936_12435158.jpg

d0093936_12441788.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-29 13:33 | | Comments(14)

芦野温泉

朝夕は気温もだんだん下がってきて蟋蟀の鳴き声もきかれなくなり、
タテハチョウやアゲハチョウの姿も見られなくなって小さなシジミチョウが
目立つようになってきました。
d0093936_18282779.jpg
庭の隅のホトトギスが咲きだしました。タイワンホトトギスでしょうか。
d0093936_20123584.jpg
ヒメツルソバが蔓延って咲いています。
d0093936_20125558.jpg

秋の陽はつるべ落とし・・・日暮れもはやまり深まり行く秋が感じられます。
先日誘われて5人で芦野温泉へ出かけました。
杖を突いて行った人が帰りには杖を忘れるほどの効能があるとの口コミで人気のある日帰り温泉です。炭酸水素イオンを多量に含んだアルカリ単純泉 PH 9.8、掛け流しです。
隣接して32面のテニスコート、宿泊施設もありますが予約がなかなか取れないそうです。
最近はマスコミにも取り上げられてますます混雑してきたといいます。駐車場も一杯でした。

月1回お座敷劇場「歌振り座」が楽しませてくれます。目玉は江戸芝居小屋風の演芸場で従業員の芝居が見られることです。丁度その日になっていました。
唱歌の時間や腹話術、日本舞踊などが終わると従業員による瞼の母です。
出演者と客席とのやり取りが面白く大笑い・・・この日を目当てに来る人なのでしょう掛け合いの呼吸もぴったり、沢山のおひねりも飛んでいきます。
飛び入り出演の宿泊客がまた笑いを誘います。
舞台と客席が一つになっているような和やかな雰囲気でした。
温泉に入り、暗い話題も忘れて大笑いして血流もよくなり健康に良い一日を過ごしました。
d0093936_19353428.jpg
受付や会計にいた人や地元の塗装屋さんが演じていました。
d0093936_1916445.jpg
近くの道の駅には大きな水車がありました。
d0093936_1917895.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-25 20:50 | Comments(10)

八丁湖から吉見観音へ

海なし県に住んでいるので湖のあるところに行ってみようと一番近い小さな湖に行ってみました。
車で40分ほどで着いたのは八丁湖という周囲2キロ、面積52,000㎡の水田耕作のために作った人造湖です。周囲は公園になっていて遊歩道が整備され、横穴古墳などもあります。
季節ごとに桜やアジサイも咲き、冬には水辺にカモやシラサギなどが集まってきて
楽しく散策することが出来き、この日も三三五五散策をしている人々を見かけました。
この辺りにはこのような人工の湖沼が何箇所もあり八丁湖もそのうちの一つです。
d0093936_13371687.jpg
紅葉には未だ早いようでしたが静まり返った湖面には木々が美しく写っていました。
d0093936_13373111.jpg
近くには岩殿山観音安楽寺(吉見観音)があります。
本尊は聖観世音菩薩で、今から1200年前に行基菩薩が岩窟に観音像を安置したのが始まりといわれています。
平安時代の末期には源頼朝の弟源範頼が幼少期に身を隠していたとも言われていて後に範頼がこの地を領するようになり本堂と三重塔を建立したと伝えられています。
450年前に焼失して現在の本堂は約340年前に再建されたものです。

d0093936_15102392.jpg


この吉見観音は坂東11番札所であり、今日も観光バスで巡礼の人たちが訪れていました。




d0093936_1530372.jpg
三重塔は本堂よりも早く寛永年間に建てられています。
どっしりした安定感があり高さ約24.3メートルある立派なものでした。
右手にある松の木には「三笠宮殿下御手植えの松」という木札が立てられていました。
d0093936_14573485.jpg

本堂、三重塔、仁王門は県指定の文化財になっています。
岩殿山については友人から聞いたことがありましたが、このような貴重な文化財を見ることが出来て感慨も一入でした。

帰路間もなくのところに一面のコスモス畑があり寄ってみました。
こんなに広大なコスモス畑を見たのは初めて・・・15000株もあるそうです。
コスモス祭りは少し前に終わり大分摘み取られてはいますがまだ充分に楽しめます。
来年は最も良い時期に来てみたいものです。
    吉見町コスモス畑
d0093936_1556625.jpg
d0093936_155632100.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-22 17:07 | Comments(8)

秋日和

出かけついでに埼玉県立近代美術館へ寄ってみました。
家から一番近い美術館で時々絵の展覧会などを見に行く事がありますが
今日も水彩画や水墨画、はがき絵などの展覧会が開催されていました。
d0093936_1504133.jpg

時間があったので美術館の庭園を散策してみると紅葉が少しだけ始まっていて
秋も深まりつつあるようです。
庭園を散策するのは初めてのことでしたが、
池は工事中で水が少し濁っていたのは残念でした。
d0093936_1665285.jpg
なかでもはんてんぼくの紅葉は進んでいて、秋空に美しく映えていました。
はんてんぼくはモクレン科で5月頃にはチューリップのような花が咲きチューりップの木とかユリの木といわれていますが余りに大きな木で高いところに咲いた花は見られるか気になります。
d0093936_1513388.jpg
7~8mもありそうな巨木に黄色く色づいた実が沢山なっていたので近づいてみると
マルバチシャノキ むらさき科 というネームプレートがつけてありました。
初夏には白い小さな花が咲くそうです。
d0093936_15131875.jpg
d0093936_16582087.jpg
サイカチ まめ科 
この木は一本の枝の中に色々の形の葉があるそうですが分かりませんでした。
実は石鹸にもなるといいます。
d0093936_15351069.jpg
d0093936_15352972.jpg
カイノキ   別名 ナンバンハゼ、クシノキ(孔子の木) 
幹まわり1.69メートル、根まわり1.85メートル、高さ16メートル、
枝はり 北へ8.3メートル、南へ8.6メートル、東へ10メートル、西へ9.7メートル
中国原産のウルシ科の落葉高木、
大正14年に播種して育苗し、現在も順調に発育しているそうです。
中国などでは沢山ありますが、日本では極稀にしか見られない珍しい樹木だそうです。
昭和48年4月1日に市の指定天然記念物となっています。
d0093936_15552846.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-19 16:31 | 自然 | Comments(6)

突然脚がつった

スポーツの秋、運動会も盛んに行われています。
普段余り走った事の無い人が急に走って途中で脚がつってしまった話をよく聞きます。
昨日突然、夜中に脚がつってしまいその痛さに目を覚ましました。
どうしてだろうと考えてみましたが・・・・
急激な運動をした覚えも無いのに・・・でもこのところ出かけることが多くて駅の階段など良く歩いていたからだろうか・・・・・直ぐに治まりほっとしました。
筋肉のけいれんが原因で日ごろの疲労が重なって筋肉の過伸展を起こしているからと先日の新聞で読んだことを思い出しました。
この痛みをとる方法は伸びたつま先を落ち着いて壁やベットの板などにゆっくり当てて、少しづつ体重をかけて脚の関節を直角まで曲げられたら大丈夫。痛みが消えるまで待つ・・・こんな事が書かれていたようでした。

筋肉のけいれんの原因は体内のカルシウムとマグネシウムの不足とか、
カルシウムやマグネシウムの補給にはすりゴマが一番いいそうです。
毎朝の味噌汁やサラダ、ご飯などにたっぷりとかけて食べるといいそうです。
ゴマはすりゴマにすると吸収も良く血管を綺麗にするので高血圧や動脈硬化、老化防止にもなるそうです。黒ゴマでも白ゴマでも効果に変わりは無いそうです。
私はすりゴマは常備していてよく使っています。
                    
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
秋になって蟋蟀や蟷螂、バッタなど良く見るようになりました。
今朝庭のマリーゴールドに停まっている小さなバッタを見ました。
ひとっ飛びで何処かへ隠れてしまいました。
d0093936_16514282.jpg
秋になると赤い実を多く見かけます近くの家のヒメリンゴが鈴なりです。
d0093936_1654766.jpg
公園ではサンシュウやヤマボウシも赤い実をつけていました。
d0093936_1711035.jpg
d0093936_16571157.jpg
カラスウリも赤くなっています。
d0093936_1773793.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-16 19:11 | Comments(10)

吹上のコスモス

爽やかな秋晴れが続いています。
何処からともなく金木犀の甘い香りが漂ってきます。
d0093936_2142518.jpg
荒川の河川敷では毎年沢山のコスモスの花を見ることが出来ます。
爽やかな秋日和に誘われて久しぶりに見に行きました。
連休の中日とあって家族連れなど沢山の人々が訪れていました。
早咲きの黄色のコスモスなどが満開だったものの
蕾のコスモスが多く、見頃はこれからのようすが充分に楽しむ事が出来ました。
d0093936_21455981.jpg

空にはパラグライダーが飛び遥かかなたに秩父連山も見られ、のどかな風景が広がっています。
ここは吹上町のコスモス街道です。
1985年に吹上町(2005年10月1日鴻巣市に編入)が活性化のために町のイメージとしてコスモスを選んだそうです。道路沿いや民家の庭などにもコスモスが植えられています。
今年もコスモス祭りが25日~26日に行われますが、その頃には沢山のコスモスが満開となり賑わう事でしょう。
d0093936_2144164.jpg
d0093936_219110.jpg
d0093936_21231475.jpg
d0093936_2259457.jpg
d0093936_2148176.jpg


☆☆☆
[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-12 23:04 | | Comments(8)

悲喜こもごも

宇宙は何から出来ているのか、われわれはどうしてここに居るのだろうか・・・という根源的な謎に挑み続けて解明する理論作りをした日本人3人(南部陽一郎さん、小林誠さん、益川敏英さん)にノーベル物理学賞が贈られました。日本人のノーベル賞受賞者は15人目といいます。本当にすばらしい事であり、日本人の誇りでもあります。
益川氏がインタビューに答えていた言葉が記憶に残りました。「目的を高くもって、自分の関心事をとことん追求していくことだ」と。
ちなみに賞金は約1億4000万円で南部氏に半分を、残る2氏に4分の1ずつだそうです。

そして俳優緒方拳さんがが病と闘いながら最後の作品「風のガーデン」を完成した5日後に惜しまれて71歳で急死してしまいました。素晴らしい俳優だったのに本当に残念な事です。
ご冥福を祈ります。
悲喜こもごもの日々でした。

知人が木彫りの会に入っていて能面や仏像などを彫っています。
作品展の案内を頂いて見に行きました。
不動明王座像と歓喜如来座像が出品されていました。
どちらも緻密に彫られていて立派な作品でした。
d0093936_19381292.jpg
木彫りのほかにも陶芸、書、籐工芸、水彩画、手編みなどの会からの作品も展示されていました。
d0093936_1714341.jpg

市のコミュニティセンターで学習したものを発表したものでどの会の作品も見甲斐のあるものでした。
d0093936_2021613.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-08 20:03 | Comments(10)

森林公園の草花

武蔵丘陵森林公園は昭和47年に日本で始めてつくられた国営の公園で東西1k、南北4k、
304ヘクタール、東京ドーム65個分もある自然豊かな公園です。
園内には41個の沼もあります。
山田大沼は中央口近くにある一番大きな沼です。
d0093936_1533329.jpg
運動広場みんなの花畑にはコスモスが咲き乱れていて家族連れで賑わっていました。
d0093936_15471430.jpg
d0093936_15475476.jpg
直ぐ近くには秋の草花の群落があります。
d0093936_15501783.jpg
d0093936_1552102.jpg
フジバカマが一番多く咲いていました。
d0093936_15542131.jpg
オミナエシは終わりを迎えていました。
d0093936_15552088.jpg
オトコエシもあります。
d0093936_1556667.jpg
ワレモコウも沢山見られました。
d0093936_1557771.jpg
キキョウが彩りを添えていました。
d0093936_15581917.jpg
ヤマジノギクでしょうかあちこちに沢山咲いていました。
d0093936_1613374.jpg
新沼にはガガブタという小さな花が沢山咲いていました。
d0093936_1654878.jpg

ワイルドオーツ(ニセコバンソウ)が色づいてきました。
d0093936_16212279.jpg
珍しくキチョウを見つけました。この花の名前は分かりません・・・
(この花の名前は「コセンダングサ」と山小屋さんから教えていただきました)
d0093936_16345013.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-07 16:30 | | Comments(6)

コリウスが見頃です

武蔵丘陵森林公園では今コリウスが見頃を迎えています。
毎年その時期を逸してしまい一度見たいと思っていましたが昨日その機会に恵まれて出かけました。日曜日でもあり家族連れが多くわんぱく広場や渓流広場などは賑わっていました。
コリウスは公園・庭園樹見本園の木の下に彩りよく植栽されていました。
30種2万株以上あるといいます。
d0093936_1525073.jpg
d0093936_15263643.jpg
コリウスで彩られた親子の象が子供達にも人気です。
d0093936_1528583.jpg

植物展示棟にはコリウスのハンギングも飾られていました。
d0093936_15324135.jpg
d0093936_1533593.jpg
丁度この日はコリウスの挿し木教室が開かれていました。
d0093936_15533340.jpg
さし芽の仕方や仕立て方、コリウスについての説明などもあり参加しました。
d0093936_15541159.jpg

コリウスの名前の由来について
ギリシャ語の「コレオス」に由来、コレオスな剣や刀の鞘のことで雌しべを取り囲む雄しべの下のほうが互いに引っ付いているのが剣の鞘に見えるところから付けられたそうです。
コリウスはシソ科コリウス属
コリウス属の野生種は100~150種、アジア、太平洋諸島、オーストラリア、アフリカの熱帯、
亜熱帯地域に自生しているそうです。
コリウスの葉は赤、黄、緑、褐色などの色素を持ち、その組み合わせや色素の量によって様々な色や濃さの葉を作り出しています。斑入り、縁取り、葉の表裏で色が違うなどいろいろな模様があります。
d0093936_1665273.jpgさし芽の仕
上から3節分を切り取り、一番下の節から出ている葉を取る。
葉から水分の蒸散を抑える為大きな葉は半分ぐらい切りさし芽を作る。茎は水切りをする。その時に水揚げがいいように斜めに切る。
市販のの培養度と赤玉土(小粒)を1:1の割合でまぜた土にさし芽を挿して半日陰に置き、土が乾燥しないように水をたっぷりあたえる。(水道水の水に葉っぱより下の部分をつけておいても良い)
10日後、根が生えて新芽が出てきたら成功!植え替える。
仕立て方について
ほふくタイプのもの…茎が横に広がりながら成長するタイプのものはハンキングや花壇の前面に。
分枝タイプのもの…分枝性が良く、全般的にこんもりし仕立てるタイプは花壇や寄せ植え、ハンギングなどに。
スタンダードタイプのもの…まっすぐ上へと伸びていくタイプは花壇や寄せ植え等に。
各自挿し木をしたポットは持ち帰りました。

コリウスの近くでみた花ユッカ(キミガヨラン)が見頃を迎えていました。
リュウゼツラン科 ユッカ属
d0093936_16214096.jpg
インパチェンス(ツリフネソウ科)
d0093936_16222897.jpg
3色のインパチェンスがこんもりと植えられていました。
d0093936_1637585.jpg

シクラメン・ヘデリフォリウム(サクラソウ科)
日本でも育てやすい秋咲きの原種で暑さ、寒さに強く地植えで楽しめるものです。
d0093936_16233648.jpg
ヤナギバヒマワリ キク科 ヒマワリ属
d0093936_16285452.jpg
遠目にも鮮やかな黄色でした。
d0093936_16303239.jpg
宿根ヤグルマギク
d0093936_18582570.jpg
これはダリアのようですが… 蝶が蜜を吸っていました。
子供の頃ダリアには毒があると教えられていましたが・・・無いのでしょうか。
d0093936_1913787.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-06 16:57 | | Comments(8)

4日ぶりの青空です

4日ぶりに爽やかな青空が広がり、過ごしやすい季節になってきました。
久しぶりに蝶が何頭も元気に飛び回っていました。
モンシロチョウはこの花(イエローエンジェル)が好きなようです。どの蝶もこの花にとまります。
ホウキギも紅葉し始めました。
d0093936_1936246.jpg
爽やかな一日近くの小学校へ出かけました。私の子供達が通学していた懐かしい小学校です。
この小学校の6年生が古代から受け継がれている日本文化について勉強したいという希望があったそうです。、その一つとして水墨画が選ばれて、学校からの依頼があり「水墨画講座」のためボランティアで行く事になりました。
水墨画の歴史や水墨画の技法、そして実際に作品を書いてみる・・・たった2時間の授業でそれだけのことを6年生に分かるように説明するのですから・・・りーダーの会長はその資料作りに大変だったようです。d0093936_201278.jpg
私たちはサポーターとして参加したのですが濃墨、中墨、淡墨の作り方、筆の使い方など教えたり、実際に簡単な竹を描いてみたりしました。どうにか生徒達も竹の絵を描いて終了しましたが、墨だけを使って白い紙に表現する楽しさが少しでも分かってもらえたのだろうか・・と思いつつ・・・最後に感想を聞いたところとても楽しかったと答えた生徒が何人かいた事はうれしい事でした。私たちが作品を持参して展示しその絵について説明したのですがとても興味をもって喜んでくれました。d0093936_20554988.jpg
この後生徒たちは発表の場があり水墨画について他の生徒に説明をするそうです。
豊かな人生を送っていただくために今のうちから色々な情報を与えることにより選択肢を広げてあげたいと校長先生の話でした。
今回は琴や尺八、弓道や柔道などのボランティアの方達も来ておりました。
小学校へ行く機会もなく遠ざかっていましたが、こうして子供達と交流する事で学校がより身近な存在になったような気がしました。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-10-02 21:11 | Comments(8)