Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夏祭り

日曜日にはあちこちで夏祭りが行われています。
歩いて20分、夕涼み方々私の街の夏祭りを見に行きました。
夏祭りは久しぶりでしたが以前とは様変わりしていたようでした。

駅周辺では交通規制もされて賑やかにくりりろがられていました。
今年は天候にも恵まれて、何処からこんなに沢山の人々が集まってきたのかと思うほどの混雑ぶりでしたが、整然としていたのは警備の方々のなみなみならぬご苦労があったからでしょう。

市内の各地区からお神輿や山車を出して、駅前広場に8基のお御輿が集結する頃がクライマックスです。元気な掛け声が一段と響き、活力が漲っています。
歩道橋は鈴なりの見物客でごッたがえしていて、迫力と熱気に包まれていました。
日本人はお祭り好きといわれていますが、何となく日本人の心意気が感じられます。
d0093936_212568.jpg
d0093936_219528.jpg
d0093936_2125819.jpg
d0093936_2135223.jpg
d0093936_215980.jpg
d0093936_21113237.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-29 22:22 | Comments(6)

暑気払い

暑気払いをしようと昔の仲間6人が集まりました。
同じ年に同じ職場に入った同期の人達ですが、それぞれ転勤や寿退職をしたりとそれぞれが違った環境に居ましたがいつの間にかこうして時々集まるようになりました。

何故こんなに後から後から話が尽きないのだろうと思うほど長い年月が経っているのです。
青春時代に戻ったように・・サイクリングの時の失敗談やキャンプで大雨に合い帰れなくなったこと、携帯電話もデジカメもパソコンもない頃の電話の取次ぎや、モノクロ写真の話、筆記の話等など・・・共通の話題で大笑いしたり、上司の消息など尽きる事がありません。
現在と比べたらゆったりとした時代でしたからその当時が懐かしいのかもしれません。

中には電車を乗り継いで1時間半もかかって来る人もいます。
ハイキングへも良く出かけました。オトコエシやキキョウなどが咲いていた事を思いだします。
先日行った公園にも自生のオトコエシやキキョウが咲いていました。

武蔵丘陵森林公園で見た花々です。
オトコエシ(オミナエシ科)
女郎花(オミナエシ)に対し男郎花(オトコエシ)といい以前は野山で良く見かけました。
d0093936_20352418.jpg
キキョウ(キキョウ科)
一際鮮やかに咲いていました。万葉集に出てくる「あさがお」ではないかといわれています。
d0093936_2028230.jpg
パイナップルリリー(ユリ科)
パイナップルに似たユニークな花で、公園の花壇に植えられていました。
d0093936_2029097.jpg
d0093936_20293988.jpg
キンシバイ(オトギリソウ科)
おしべが金の糸のように見えることから金糸梅というそうです。
d0093936_20305636.jpg
カシワバアジサイ
これは白いカシワバアジサイのようですがこんな色に変わっていました。光線の加減できらきら光ってとても美しく見えました。
d0093936_20321278.jpg
クフェア(ミソハギ科)
別名 紅丁子(ベニチョウジ)というそうです。
d0093936_2034745.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-26 22:21 | | Comments(10)

やまゆり

暑中お見舞い申し上げます 
猛暑日が続いています。 
暫く雨も降らずに地面がからからに乾いて少しぐらいの水遣りでは追いつかない状態です。
このような日々がこれから暫く続くという予報もでています。
熱中症にかかる人も増えてきました。お気をつけ下さいませ。

武蔵丘陵森林公園では自生のやまゆりがみごろを迎えています。
緑の多い公園では湿気もあり、木陰に入ると森の涼風が吹きぬけて行き暑さも忘れそうです。
赤松林の中にあるやまゆりの小径を行くとあたり一面にやまゆりの芳香が漂ってきてとっても幸せな気分にしてくれました。静寂のなか、時々鶯の囀りが聞こえてきます。
公園のあちこちに時期をずらせながら自生のやまゆりが大輪の花をつけ迎えてくれます。
d0093936_21473839.jpg
やまゆりは発芽するまで2年近くかかり発芽から開花まで5年~7年かかるといいます。
株が古いほど沢山の花をつけます。
d0093936_21504695.jpg
ユリ科の植物は「3数性」という性質を持っていて雄しべの数などすべての器官が3で割り切れる構造になっているそうです。
花びらは6枚、後ろ側にある3枚は萼(外花被)、内側の大きい3枚が花びら(内花被)です。
d0093936_21585355.jpg
赤褐色の花粉がついている雄しべは6本、雌しべは飛び出している1本でよく見ると雌しべの先にも3っに分かれていて3数性が伺えます。
d0093936_2224753.jpg
以上は『里山の宝石やまゆり展』からの情報でした。
d0093936_229370.jpg
まだまだ蕾も沢山ありこれから8月初め頃まで楽しめそうです。
d0093936_227697.jpg
d0093936_2218058.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-23 22:23 | | Comments(10)

暑寒メロン

関東地方も昨日梅雨が明けました。
いよいよ夏本番です。
夏といえばお祭り、花火、海・・・そして冷果・・つめたく冷やしたスイカやメロン・・・

ピンポーン 宅急便が届きました。知り合いの方から先日北海道メロンを送りましたという手紙を受け取り果物好きの我が家のこと楽しみにしていました。
北海道メロンといえば・・・夕張メロン、それとも富良野メロン・・・・
早速開けてみました。
暑寒メロンでした。
「北海道の秘境といわれる暑寒別岳のふもと雨竜沼を擁する雨竜町のメロン」
「大自然の中で創られた色・味・香りの3拍子」
と記してありました。糖度も高いようです。
どんなにか美味しいことでしょう。
産地が雨竜町という事や暑寒メロンというネーミングもはじめてでした。

硬いメロンは室温で熟成させてメロン特有の甘い香りが漂ってから食べると一層美味しく食べられます。それまで楽しみは先送りです。
d0093936_1537318.jpg


始めてみたものといえばこの観葉植物、先日花束を買った時にお花屋さんから頂いたものです。なかなか大きくならず最近になって漸く葉が大きくなりだしました。
水分は多めに与えて寒さには注意とのことです。
マドカズラ サトイモ科 モンステラ属
d0093936_15435974.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-20 16:36 | Comments(4)

雛は何処へ

毎日暑い日が続いています。
地球温暖化の影響でしょうか、各地で猛暑の記録を更新して、熱中症になった人も大勢おりました。
一人ひとりができる事から温暖化対策をしていかないと益々気温は上昇して、大変な状態になってしまいそうです。

日よけや部屋に風が入るようにと毎年夏になると簾を使っています。
涼しい風が入り冷房を使う頻度も減ります。
簾越しに見る庭は何となく趣があって眺めるのが好きです。
d0093936_19535194.jpg

今朝は何故か小鳥たちが賑やかでした。
外に出てみると観賞用ナスが色づいて赤くなり、それを食べに来ていたようで大分食べられてしまい、小さなみかんの実も沢山落ちていました。
d0093936_19553691.jpg

時々雛のような鳴き声がし、昨日今日と賑やかなのです。
雛の鳴き声は何処からしているのだろうとあちこち覗いてみると・・・・いました 
大きな口を開けて元気に鳴いています。何故こんなところにいるのだろう・・・不思議です。
雛なのに雀より大きめでした。少しは飛べるようです。
d0093936_2042295.jpg

親鳥が急にけたたましく鳴きながら警戒して低空飛行してきたので慌てて家に入りました。
カラスや雀は良く見かけますが余り見たことのない大きめな鳥でした。
d0093936_20245943.jpg
親鳥がけたたましく鳴いて見張っているようです。子を思う親の気持ちは皆同じで、雛がそれに答えているように力いっぱい鳴いています。
d0093936_2024769.jpg

日中は所用で外出しており、
帰ってみると雛の鳴き声も親鳥の鳴き声も全く聞こえなくなり元の静けさが戻っていました。
雛の姿も見えません。どのようにして連れて行ったのか気になります。
無事に安全な場所へと連れて行ったのかもしれません。そう願っています。

これは観賞用紫トウガラシでしょうか・・・友人から頂きました。
d0093936_20234712.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-18 21:36 | Comments(4)

古代蓮(行田蓮)

早いものです。仲良しだった姉が逝ってからもう7ヶ月が経ちました。
元気だった姉が突然入院し8ヶ月の闘病の後、旅だって逝きましたが未だに何故?どうして?
・・・信じられない時もあります。
姉には長年の友人がいて、入院中良く見舞ってくれて励まし元気づけてくれました。なかなかできない事です。病院で良くお会いしているうちに知り合いになってしまいました。

お花好きというその方にお礼かたがた古代蓮の里へと誘いました。
姉を偲び思い出話などしながら蓮池を散策してきました。

蓮の花の命は4日間、早朝咲き始め、昼ごろには閉じてしまい、3日間開閉を繰り返し、4日目の午後にはすべての花弁が散ってしまうといいます。
9時頃着いた時にはもう沢山の人達が来ており広い駐車場もほぼ満車状態でした。
この日は暑い日でしたが、ところどころに休憩所が出来ていて池面を渡ってくる涼風に
暑さを凌ぐことができたのは嬉しい心遣いでした。。
園内には行田蓮をはじめとする41種類10万本の花蓮があります。
d0093936_15401284.jpg

「世界の蓮園」には色とりどりの18種類の蓮がありますが人が多く写真を撮るのもままならぬ状態でした。
d0093936_16151829.jpg
d0093936_15444661.jpg

古代蓮(行田蓮)
昭和46年公共施設建設造成工事の時に昭和48年蓮がみつかりました。
地中深く眠っていた蓮の実が工事により掘り起こされ、その後自然発芽して一斉に開花したもので極めて珍しく、その周辺の出土木片が1390年±65年前のものであると判明して、
この古代蓮は概ね1400~3000年前のものと推定されました。
市では天然記念物に指定して大切に保護しているとのことです。
大きなピンク色の花です。
d0093936_1661331.jpg
d0093936_1664810.jpg
d0093936_9385354.jpg
d0093936_9402315.jpg
d0093936_9413038.jpg
古代蓮開館では丁度コンサートが始まるところでした。冷房の効いた会場でゆっくりと楽しくひと時をすごしました。
d0093936_1714215.jpg

高さ50mのパノラマ天望室からは古代蓮も一望できますし、遠く関東平野を取り囲む山並も見渡す事ができます。
d0093936_16291523.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-15 17:09 | | Comments(12)

美の山公園の紫陽花

もう庭の紫陽花の花は摘んでしまい僅かに2~3個残すだけになってしまいました。
美の山公園にはあじさい園があつたことを思い出して行ってみたくなり急遽出かけることにしました。あそこまでは一般道でも2時間もすれば着く・・・どんよりと曇ってはいましたが雨は降らないとの予報・・・紫陽花を見るのには丁度良いかも知れない。
そんなお天気の為か道路もすいていて予定の時間よりかなり早く到着。
満開の桜の頃に来た時には晴れ渡っていて見晴らしも良かったのに、今日は曇り空、遠くの山は霞んでいました。紫陽花は六~七分咲き、今年の紫陽花は昨年と比べると物足りないと聞きましたが、静かな公園でゆっくり見て回る事が出来て充分に楽しめました。
d0093936_17292218.jpg

斜面いっぱいに色とりどりの紫陽花が咲き、山でみる紫陽花は又格別に見えるから不思議です。時々人声が聞こえるぐらいの静けさで、鶯の囀りだけが聞こえてきます。
d0093936_17163430.jpg
このあじさい園は美の山の東面にあり、広さは7500㎡、アジサイ、ガクアジサイ、ベニガク(山アジサイの一種)、西洋アジサイ等3500本が植栽されています。
d0093936_17143091.jpg
d0093936_17145539.jpg
アジサイは日本で生まれた園芸品種、海岸等で自生するガクアジサが改良されたといわれています。
d0093936_1719558.jpg
アジサイは湿気を好み、日当たりの強いところや赤土、砂混じりの土を嫌います。
d0093936_17152625.jpg
土壌の酸性が強いと紫色になり、アルカリ性が強いと赤みが増するといわれています。
(アジサイについては掲示板より抜粋しました。)
d0093936_1716344.jpg
公園の一角にキキヨウが咲いていました。珍しい八重咲きも何本かありました。
d0093936_17434367.jpg
d0093936_17455091.jpg
ここ美の山公園は標高587m、桜、つつじ、梅、紫陽花、いかりそうなどの野生の花の名所として親しまれています。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-12 20:05 | | Comments(6)

ほめる

学校が間もなく夏休みになります。
我が家の近くに通学班の集合場所がありますが、今朝も元気いっぱい出かけて行きました。
今年4月に入学した1年生も逞しくなって40分もかかる通学路を頑張って歩いて行きます。
駅からは近いのですが学校まではかなりの道のりです。
入学当時は重いランドセルを背負って可愛そうでしたが・・・健脚になることでしょう。

下校時間になると拡声器や巡回車から「地域の皆さん子供たちの下校時間です。見守ってあげてください。」との音声が流れてきます。更に要所要所には父兄が見張りをしています。
最近は子供たちには厳しい時代となりました。
私の子供の頃にはあちこちと道草をして、友達と遊びながら帰ってきたのですが・・・

そんな子供達がのびのびと育つ為にも「ほめる」ことの大切さを説いている人に合いました。
大人の私たちでさえ褒められると嬉しくなり、また次に頑張ろうと意欲が湧き、自信と励みに繋がっていきます。
でも、過度な褒め言葉はマイナスに働くことがあるかもしれません。

植物も話しかけたり褒めたりすると綺麗な花を咲かせると聞いた事があります。
その真偽のほどは定かではありませんが・・・・
10年ぐらい前に友達から頂いた多肉植物が思いがけず今年になって花をつけました。
嬉しくなってほめてあげました・・・ますます美しく咲いてくれるでしょうか?

不夜城と聞きました。アロエと同種でしょうか アロエに似た花を咲かせました。
d0093936_15305211.jpg
d0093936_15311848.jpg
d0093936_1532393.jpg
十二巻というそうです。花は咲かないものと思っていたところこのような花が咲きました。
目立たない小さな花です。
d0093936_15345687.jpg
d0093936_15354336.jpg
白糸の滝はまだ花は咲きませんが小さい蕾がついています。黄色い花が咲くそうで楽しみにしています。
d0093936_15382651.jpg


斑入りツユクサの横顔が素敵です。蒸し暑さを忘れてしまいそうです。
野草が好きな友人から頂いたのですが地植えにしたらどんどん増えてしまいました。
d0093936_15415424.jpg

d0093936_15455398.jpg

これはアスパラガスの花です。小鳥が種を運んできたのかいつの間にか庭の隅に生えてきました。
みるみるうちに大きくなって茂ってきました。5ミリぐらいの花を沢山つけています。
アスパラガスはユリ科、これは食用ではなく生け花の添えものに使うもののようで、
「セタケウス・ナナス」のようです。
[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-11 16:31 | | Comments(10)

和紙の里へ

和紙の町として知られる小川町、緑豊かな静かなところに和紙工房が点在しています。
小川といえば和紙、楮だけを使った「細川紙」の製造技術は国から「重要無形文化財」の指定をうけていて、1300年の歴史があり、素朴で温もりのある和紙です。
道の駅小川町には埼玉伝統工芸会館があり、その一角に手漉き和紙工房があります。
和紙つくりの体験も出来和紙についていろいろと学ぶことが出来ます。
d0093936_173826100.jpg

今日は小学1年生が手漉き和紙体験に来ておりました。
小さな手で真剣に漉いていました。
良い思い出になり、紙を大切にすることでしょう。
d0093936_16403447.jpg
一生懸命に漉いています。
d0093936_16411676.jpg
こうして一枚一枚重ねていきます。
d0093936_1641598.jpg
生の花や葉をのせて模様を作っていました。
d0093936_16423955.jpg

和紙で作ったもの・・南瓜の形をした照明器具には温かみがあります。
d0093936_16491170.jpg
一度使用した和紙を人の知恵と技の限りをつくして美しい布を生み出したものです。反古紙と木綿を組み合わせて作ります。
d0093936_16495786.jpg
和紙で作った照明器具が美しく、優しい雰囲気を醸し出しています。
d0093936_16523519.jpg
この雪の白川郷の情景の人形はすべて和紙でつくられていました。
(創作人形作家近藤洋子氏作)
d0093936_1754298.jpg
d0093936_16534089.jpg
道の駅から直ぐ近くの仙元山見晴らし台からの風景・・・涼風がしばし蒸し暑さを忘れさせます。
d0093936_180985.jpg
d0093936_19592117.jpg


和紙のできるまで
[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-08 21:16 | Comments(12)

七夕の頃

蒸し暑い日が続いています。
梅雨明けもしないのに今日の温度は32度、暑さはこれからといいますが・・・
昨日は岐阜県多治見では36度を記録したといいますが、昨年は国内最高の40・9度を記録しています。今年もまた全国的にそのような暑さになるとの気象庁の予報がでています。

そんな暑さの中、日曜日の今日、近くの高校では朝から野球の試合が行なわれていて
応援歌や歓声があがって暑さも吹き飛びそうなほど元気いっぱいです。

暑い夏にはひまわりが似合います。
公園に大きく育ったひまわりに花が咲き始め、大きな葉が日陰をつくってくれます。
 ひまわりの種からはヘルシーナッツやヒマワリ油等の健康食品が作られます。酸化防止効果があり、ミネラルやビタミンE、B1、B6なども豊富だそうです。
ひまわりはキク科ヒマワリ属
d0093936_1533678.jpg

イヌタデも夏に似合う花です。
ひまわりの傍で咲いていました。あかまんまともいい小さい時にこの花でよく遊びました。
d0093936_15431928.jpg
d0093936_16351990.jpg

明日は七夕、七夕の思い出は里芋の葉にたまった水滴で、短冊に願い事を書くことでした。
この水滴を使い墨を摺り願い事を書くと字が上手になるとの言い伝え?があり朝早くこの
水滴を姉妹で集めにいきました。サインペン等で書く現代では考えられない事でしょうね。
d0093936_15554587.jpg

側のジャガイモ畑では綺麗にジャガイモの花が咲いていました。
もう新じゃががでまわっている頃ですが・・・今頃咲いています。きれいな花です。
d0093936_160589.jpg
d0093936_16202875.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2008-07-06 16:35 | | Comments(8)