Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:自然( 56 )

赤い実

参院選挙やワールドカップも悲喜こもごものうちに終わりました。
今回の投票率は57.92%(朝日新聞調)で前回を下回ったそうです。
与党が過半数割れになり衆参ねじれ国会になりまた混乱しそうです。

降りそうで降らない雨を気にしながら近くを散歩しました。
時々通るのに今まで気がつかなかった赤い実、何の実だろうと近づいてみました。
ヤマモモの実のようですが・・・大きな木に沢山実をつけています。
マキやカエデなど植木が沢山植えてある畑の隅にありました。
d0093936_14451316.jpg
d0093936_15412669.jpg

根元には夥しい量の実が落ちていました。
d0093936_1447248.jpg
「この実食べられるのかしら・・・」通りかかった人に話しかけられ暫く話し込んでしまいました。
ヤマモモの実は食べられると聞いた事がありますが、実際に食したことがないので答えに窮してしまいましたが、小鳥達が食べた様子も無いということはどんな味なのでしょう・・・

直ぐ隣にはイロハモミジがトンボのような可愛い実をつけていました。
d0093936_15202471.jpg
道路沿いの畑には一面にペチュニアが植えられて道行く人たちを楽しませてくれます。
雨に弱いペニュチアは元気がありません。
d0093936_15224876.jpg
最近農作物を作っていた畑に植木や花が植えられ、いつの間にかその畑がなくなり
住宅街になったりマンションが出来てバスが通り都市化しています。

帰宅後この赤い実をPCで検索してみるとヤマモモのようです。
完熟したものをジャムやジュースに出来るそうです。
[PR]
by yokkosan3 | 2010-07-12 15:40 | 自然 | Comments(8)

アミガサタケ

先日珍しいキノコ見ました。初めて見たキノコ、8~9センチ位の大きさのキノコでした。
今年は雨が多いのでこんなキノコが生えてきたのでしょうか。
図鑑で調べてみるとアミガサタケのようです。
道路沿いの樫の木の根元に2個生えていました。
一寸見グロテスクですが食べられるそうです。バターソテーや天ぷら等にして食べるそうです。
どんなお味がするのでしょうね。
d0093936_1724974.jpg
少し小さく5センチぐらいなもの
d0093936_1658422.jpg
雨が降りそうなの空を見上げるとこんなものが・・・鳥の巣なのかヤドリギなのか。
小枝を沢山集めてあるようです。鳥の巣のようですが友達はヤドリギだといいます。
たった一個ありました。
d0093936_1764476.jpg
近くに咲いていたムラサキツメクサ(和名アカツメクサ)
d0093936_1718473.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2010-04-27 17:29 | 自然 | Comments(8)

凍雨

今年は暖冬だといわれていますが立春を過ぎても余寒厳しく、今日の最高気温は4度です。
一昨日は氷が雨のように降る凍雨だったそうです。

霧雨、豪雨、俄雨、驟雨、篠突雨、梅雨、五月雨、雷雨、氷雨などと色々な雨がありますが、凍雨は初めて知りました。
調べてみると落下中の雨滴が地上付近の冷たい大気に触れて氷結し無定形の氷の粒になって降る現象で氷のように冷たい雨の事だそうです。雪や霰の様に不透明ではなく、凍雨はほぼ透明か、場合によっては中心部が気泡により半透明になっていて区別がつくそうです。

日本海側や北海道では連日の積雪、またワシントンでも110年ぶりに1メートルを越す積雪とか、大雪に遭われた皆さんは大変なことだと思います。

明日はバレンタインデーです。
近くのデパートへ買物に行きましたがチョコレートが所狭しと陳列されていて
買い物客で賑わっていました。
d0093936_2214153.jpg

テレビでもバレンタインデーについて特集をしていました。
料理教室で手作りチョコレートやお菓子作りをする若い男性の姿が映し出されていました。
今や逆チョコの時代のようです。
男性からいろいろな想いを伝えるバレンタインデーになっているとか・・・・・
ショッピングセンターの陳列はデパートとは少し違う雰囲気でした。
d0093936_14254128.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-12 22:26 | 自然 | Comments(10)

ふつうの幸せ

先日精神科医の香山リカさんがテレビ出演していました。
昨年話題になった「しがみつかない生き方」の著者です。
画面いっぱいに映し出された香山リカさんが語っていました・
平凡で穏やかに暮らせる「ふつうの幸せ」が最近なかなか手に入らなくなってしまった今、すこしでもそれに近づく為にどのように心がけたらよいのか、25年間精神科医としての臨床経験をした立場から10のルールを提案していました。

「しがみつかない生き方」ってどんな生き方なのだろうと本を読んでみました。
10のルールとは ①恋愛にすべてをささげない。 ②自慢・自己PRをしない。 ③直ぐに白黒をつけない。 ④老・病・死で落ち込まない。 ⑤直ぐに水に流さない。 ⑥仕事に夢をもとめない。 ⑦子どもにしがみつかない。 ⑧お金にしがみつかない。 ⑨生まれた意味を問わない。 ⑩「勝間和代」を目指さない。

今の競争社会では人々は勝間和代を目指しているのでしょうが・・・・運悪く挫折や失望した時このルール思い出して見ると良いかもしれません。

人生には最高もなければ、どうしようもない最悪もなく、ただ「そこそこでいろいろな人生」があるだけなのだから、普通に頑張って、しがみつかずにこだわらずにマイペースで生きていけば誰でもそれなりに幸せを感じながら人生が送れると結ばれていました。

マイペースで至極平凡な生活を送っている私ですがそれが本当の幸せなのだと思うことはなかなか難しいことのように思いますが、このような境地になれたら本当の幸せの形が分かるかもしれまん。

公園を散歩中に見た春を感じさせる雲です。
このような雲をのんびり見ながら散歩が出来る幸せはごくあたりまえの
ふつうの幸せなのでしょう・・・・

d0093936_15243995.jpg
d0093936_15263836.jpg

夕陽を受けて雲の表情もすっかり変わりました。
(ベランダから見た雲)
d0093936_1512063.jpg

    
      春の雲は綿のごとく
      夏の雲は岩のごとく
      秋の雲は砂のごとく
      冬の雲は鉛のごとく  
                  正岡子規
 

d0093936_16245157.jpg
            
                                       

公苑の花
[PR]
by yokkosan3 | 2010-02-07 16:25 | 自然 | Comments(10)

餌付けを廃止

真っ青な空には雲ひとつないドライブ日和です。
今年も白鳥が来ているだろうかと川本町の荒川河川敷へ行ってみました。1時間少しで到着。
ここに来る白鳥はコハクチョウとオオハクチョウだそうです。
平成3年から白鳥への餌付けが行われて、3年前に行った時には200羽以上の白鳥が飛来していました。
瑠璃色の川面に浮かんでいる沢山の白鳥に餌付けをしている人が何人かいて、川岸には数えきれないほどのカモが羽を休めていたことが印象に残っていますが、鳥インフルエンザが問題になっている今どうなのだろうか・・・駐車場には沢山の車があり、もしかしたら今年も白鳥が見られるかもしれないと5~6分歩いて川岸に向かいました。
鳥インフルエンザの問題や生態系の影響もあり餌付けを廃止したそうです。現在は白鳥の数は少なくなっているそうですが今日現在60羽来ているとのことでした。コハクチョウは川底の水草(アマモ)の茎や根を食べたり川岸に生えている草などを食べて過ごしているそうです。今日は遠くに雪を被った浅間山も見えます。自然の中で白鳥たちには良い環境のようです。
d0093936_20292024.jpg
d0093936_20265578.jpg
d0093936_20163263.jpg
餌を与えることも無くカモの姿も無くなって川の水が綺麗になったように感じました。
d0093936_2020681.jpg
ここで越冬した白鳥は3月中旬に北に向けて旅立ちます。途中、東北、北海道の沼、湖、河川で羽を休め、春を感じながら北へ北へと故郷のシベリヤに向けて4000キロの旅をします。コハクチョウは越冬中家族単位で行動し夫婦円満、家族仲良く、そして長寿というおめでたい野鳥だそうです。
d0093936_213314.jpg
安全のため鳥インフルエンザの予防のために用意された消毒槽の中を通って帰りました。

3年前に見た夥しい数のカモ(2007年2月撮影したもの)
d0093936_20524736.jpg


新型インフルエンザの予防接種の順番が漸く廻って来てかかりつけ医から来週接種できるとの連絡がありました。
報道ではほとんどの都道府県では国産のもので間に合うとのことです。
このところ新型インフルエンザも落ち着いてきたようですがこれから2月にかけて再び流行るのではないかとも言われています。
[PR]
by yokkosan3 | 2010-01-24 21:46 | 自然 | Comments(8)

寒~い

真冬のような寒い日でした。
姉が逝って早いものでもう2年が経ってしまいました。
先日3年忌の法要も済ませました。
連れ合いを亡くした義兄は85歳、その後一人暮らしで頑張っています。

65歳以上の高齢者の人口が2050年には42%、そして80歳以上が3分の1を占めるそうです。一人暮らしの高齢者はどんどん増えており2030年には全人口の6分の1になるといわれています。避ける事のできない超高齢化社会がきます。

こんな寒い日はどうしているだろうかと訪ねると、顔色も良く元気な様子にほっとしました。
長男夫婦がいますが仕事の関係で同居できないでいます。
時々泊まりにも来てくれるそうで安心しました。
今後こうした独居老人も増えてきますが、市に地域包括支援センターが出来て家事支援なども利用できるようになりました。

厚い雲に覆われて今日の温度は8度、寒空に真っ赤なもみじの葉。
最後まで残って赤い花のように鮮やかです。
d0093936_2055142.jpg

ドウダンツツジの葉は色とりどり・・・・新しい芽が出てきました。赤い芽です。
d0093936_20131535.jpg
バラの蕾、咲くに咲けない寒さが続いています。
d0093936_2019258.jpg
梅の蕾が春を待っています。
d0093936_214849100.jpg

我が家で採れた不揃いのミカン、贈られてきたミカンやリンゴがあるのに何故か気にかかります。
義兄にお裾分けと一緒に届けました。
d0093936_20243288.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2009-12-16 21:22 | 自然 | Comments(10)

いちょう並木

気がつくとカレンダーも残り少なくなってきました。光陰矢の如しです。
このところ法事やら来客やらで慌しい日々でした。
墨彩画展も終わり一段落です。

近くのいちょう並木の黄葉がはじまり景色が変わって見えます。
私の町ではけやきやハナミズキ、柳、いちょうなどの街路樹が植えられています。
買物で良く通るいちょう並木は数年前に剪定してしまい寂しい通りでしたが漸く葉が茂り始め綺麗な黄葉が見られるようになって来ました。剪定する前は元気の良い綺麗ないちょう並木でしたが落葉が沢山落ちて交通の妨げになるというので小さく剪定したようです。けやき並木は根元から伐採してしまった通りもあります。
d0093936_1665682.jpg
家々の塀に植えられているドウダンツツジも真っ赤に色づいて秋も深まってきました。
d0093936_1612177.jpg

小春日和が続いて今頃ツツジも咲きだしています。返り咲きでしょうか。
d0093936_16143396.jpg
少し早めに部屋の中に入れたジャコバサボテンが一斉に花をつけました。
d0093936_1616577.jpg

昨夜は雨が降ったのかサザンカに水滴が付いていました。。
今年はボタンのような大輪の花を沢山付けましたが風に吹かれてひとひらづつ散った後の片付けが気にかかるのです。
d0093936_16403332.jpg
d0093936_16412694.jpg

アロエにも大きな水滴が・・・・
d0093936_1645248.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2009-11-27 17:14 | 自然 | Comments(8)

平林寺の紅葉

ぽかぽか陽気の昨日遠方からの来客を案内して車で1時間ほどの平林寺に行ってきました。
平林寺近くの道路はどの道路も車で溢れていて直ぐ傍に平林寺の森が見えるのに辿り着くまで長い時間を費やしてしまいました。どの駐車場も満車状態、入り口まで700メートルの駐車場で空きを待って漸く停める事が出来ました。

今回が3回目でした。お天気も良く紅葉も見頃でしかも休日、あまりの人ごみで境内の景色も変わって見えましたが、今年も美しい紅葉を見ることが出来ました。

平林寺は武蔵野の一角にあり約13万坪の境内地を有する禅寺です。
次々に開発されていく武蔵野で往昔のたたずまいを残している所です。
国木田独歩の「武蔵野」の面影を色濃く残している約43ヘクタールに及ぶ広大な境内林(雑木林)は、国指定の天然記念物になっています。天皇皇后両陛下も行啓されています。
d0093936_1616226.jpg
山門は茅葺きの重層入母屋造り350年以上もの風雪に耐えている建造物で県の文化財に指定されています。山門付近は特に人が多く写真を撮るのも容易ではありませんでした。
d0093936_19402918.jpg
d0093936_2025075.jpg
境内にはイロハモミジが沢山あり美しく彩られて楽しませてくれました。
d0093936_16192418.jpg
ことのほか真っ赤に色づいた葉が人々の目を引き付けていました。
d0093936_16203377.jpg
美しいグラデーションです。
d0093936_16211482.jpg
僧侶の打つ梵鐘の音が境内に響きます。
d0093936_16222332.jpg
d0093936_16233842.jpg
d0093936_16535855.jpg
d0093936_16242023.jpg
雑木林は昔の面影が偲ばれる所です。手入れも良く行き届いていました。
d0093936_16264419.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2009-11-24 20:10 | 自然 | Comments(10)

暖かな立冬

今日は立冬、いよいよ冬が始まるという日なのに暖かな日です。
丸山公園の前を通りかかると駐車場付近の銀杏やハナミズキが美しく色づいているので寄ってみました。
この時季に来たのははじめてでしたが紅葉も楽しめる公園でした。
市民の憩いの場になっていて家族づれが大勢訪れていました。
「水と緑の調和」をテーマに昭和53年にオープン、総敷地面積14.9ヘクタールの公園で児童遊園地、バーベキュー場、自然学習館、小動物園、天文台などもあります。
d0093936_1893680.jpg

池の周りには釣り人の姿も見受けられます。コイやヘラブナが釣れるそうです。
d0093936_18145496.jpg
小さな滝もあります。
d0093936_18252750.jpg
d0093936_1827822.jpg
散歩をするのにはとても良いところです。
d0093936_18192772.jpg
d0093936_18211269.jpg
d0093936_19305168.jpg
紅葉も平地へと降ってきました。まだ少し早いようでしたが、
小さな秋を充分に楽しむことが出来ました。
[PR]
by yokkosan3 | 2009-11-07 19:26 | 自然 | Comments(8)

変わってきました

14年ぶりに町内会の班長の順番が廻ってきました。
現在13軒ありますが最近個人情報に気を使うようになり家族構成が記してある帳簿はなくなり引継ぎ事項もありませんでした。
出入りの激しいアパートなども同じ班になっていて戸惑う事がままあります。
入会しない人も多く、表札も無く、同じ町内に住んでいるのにどんな方が住んでいるのか分からないのは気がかりですが、時代と共に変わってきたようです。
以前は何処の家庭もオープンで名前と顔が一致していましたが・・・・
人口が多くなり都会化するに従いコミュニテイが薄れてきているように思えてなりません。

時々家の近くを散歩しますが、いつの間にか街並みが変わってきて、
ネイルサロンや美容院、レストラン、保育園、介護支援センターなどもできました。
残されていた雑木林の下草が綺麗に刈り取られていて小さな公園もできました。
アカマツやクヌギ、コナラ、エゴ、樫の木などの大きな木もあります。
雑木林の中にベンチが幾つか置かれていてコミュニテイの場になりそうです。
なんの実だろうと近づいて見るとヤマボウシの実、沢山生っていました。
大きなヤマボウシの木でした。
d0093936_141471.jpg
エゴの実がたわわに生って風に揺れていました。
d0093936_1464392.jpg
樫の実も・・・間もなく子供たちがどんぐりを拾いにやってきそうです。
d0093936_1411713.jpg
木の天辺に沢山の蝉の抜け殻、こんなに高くにあるのを始めてみました。
儚い命を一生懸命に生きた証のように思えます。
d0093936_141665.jpg

入り口にはヤマイモの実ムカゴが生っていました。このムカゴ炊き込みご飯に入れたり、炒めたりして食べるとほくほくして美味しいとか・・・試した事はありませんが。
d0093936_14341430.jpg
自然のままの公園では楽しい発見もありました。
公園の近くの家で見た芙蓉、八重咲きなので酔芙蓉ではないかと思いながら見ましたが・・・はじめ見た時よりも濃い色になっていました。
大きく育って高い高いところに咲いていました。
d0093936_14425668.jpg

[PR]
by yokkosan3 | 2009-09-08 15:38 | 自然 | Comments(8)