Zen おりおりの記 yokkosan3.exblog.jp

 時々つまずいたり迷ったりしながら綴っています


by yokkosan3
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

鹿島神宮

鹿島神宮は茨城県鹿嶋市にある常陸一宮で、社格は官幣大社です。
日本全国に約600社がある鹿島神社の総本社です。
東国3社の一つにも数えられています。
皇紀元年(紀元前660年)の創建と伝えられています。
祭神は武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)で武の神として皇室や武家の信仰を得て社殿や楼門、宝物類などが奉納されたり寄進されたりして来たそうです。
d0093936_17535924.jpg
鳥居を潜ると歴史を感じさせる大きな椎の木やタブノ木があり圧倒されました。
d0093936_17552911.jpg
d0093936_17571661.jpg
朱塗りの立派な楼門です。
1634年初代水戸藩主水戸頼房公が奉納したものだそうです。重要文化財です。
d0093936_1882741.jpg
6月末日と12月末日の年2回大祓茅の輪くぐりが行われているそうです。
d0093936_18132869.jpg
掃き清められた杉並木を行くと社殿がありました。社殿は徳川秀忠公が奉納されたそうです。結婚式がおこなわれていました。
d0093936_18143684.jpg
更に立派な杉並木を進みました。
d0093936_1819377.jpg
鬱蒼とした杉並木は日光の杉並木を思わせました。県の天然記念物として保護されていました。
d0093936_2023582.jpg

途中にはさざれ石がありました。国歌にも歌われているさざれ石です。
d0093936_2084118.jpg

鹿は神の使いとし大切に育てられていました。
d0093936_20131540.jpg
楼門から暫く歩いていくと奥宮がありました。1605年徳川家康公により奉納されたものだそうです。重要文化財です。
d0093936_20224727.jpg
この細い林の道を暫く行ったところに要石が祠に祀ってありました。
綺麗に掃き清められている道でした。
d0093936_20244215.jpg
鹿嶋神宮の七不思議の一つの要石です。
d0093936_20272393.jpg
要石は見かけは小さいが地中深くつづいている巨岩だそうです。
地震の守り神としても有名になっています。
「ゆるげども よもや抜けじの要石 鹿嶋の神のあらん限りは」 と古歌に歌われているそうです。
d0093936_20274537.jpg

鹿島神宮はjリーグの鹿島アントラーズが必勝祈願する神社としても知られています。
鹿の枝角を英語でアントラーというそうです。
[PR]
Commented at 2009-07-01 07:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 山小屋 at 2009-07-01 11:53 x
鹿島神宮、初めてみました。
ずいぶん広い神社のようですね。
もしかしたら、明治神宮より広いのではないでしょうか?
さざれ石は日本各地の神社にありますね
大きなものは宮崎神宮でみたことがあります。

サッカーの鹿島アントラーズは鹿の角からきているのですか?
初めて知りました。
鹿は奈良公園のシンボルだと思っていました。
Commented by marri at 2009-07-01 20:12 x
最近UPが早いですね。
しかも、何もかも・・・良く調べています。いい仕事してます^^♪
「鹿島アントラーズ」ってそういうところから命名されてたんですか?
「鹿島神宮」って名前はよく聞いてます。松並木も太い樹も時代を感じさせてくれます。厳かでかつ手を広げた大らかさを関させてくれる神社ですね^^☆
Commented by yokkosan3 at 2009-07-01 20:54
amamian3さん
良くご存知のところでしたか・・・
鹿島神宮駅には行きませんでしたがサッカー場が出来た事で
きっと変わっていると思います。
若き時代に想いを馳せて・・・楽しんでいただけて嬉しいです。
Commented by yokkosan3 at 2009-07-01 21:16
山小屋さん
広い神社です。要石のほかにも御手洗池という鹿島神宮7不思議の内の一つの池がありますが・・・遊歩道が出来ていました。
明治神宮よりも広いようですね。
奈良公園の鹿の始まりは春日大社の創建のとき鹿島神宮の鹿を沢山使わしたといいます。
そんなところから鹿島アントラーズにしたのでしょうね。
Commented by yokkosan3 at 2009-07-01 21:41
marriさん
忘れないうちに続けてUPしました。
このところ雨の日が多く庭の草取りなどしないで済みますからできたのです~
参道が砂のような細かい土で箒で綺麗に掃いた跡があって長い並木道をさぞかし大変だっただろうと思いながら行きました。
神社は玉砂利を踏んでいくのが普通ですが・・・ここは掃き清められた土の参道でした。
奈良の鹿は鹿島神宮から遣わしたといいますから鹿島アントラーズとは由緒ある鹿の角を名前にしたのだと思いますよ。
自然が一杯で安らぎの持てるところでした。





Commented by toruneko65 at 2009-07-02 17:51
yokkoさん。
こんにちは。以前に鹿島神宮といえば、「フツの御霊の剣」
剣によって国を治め、天下に平和をもたらしたと、聞いたことが
有ります。「ゆるげども・・・」この古歌好きな歌です。
巨木が歴史を物語っていますね!

普通拝見できないものを見せていただいて、ブログを持ってて
良かったと思う瞬間でした。ありがとう。 ♫

Commented by poron_55 at 2009-07-03 12:38
こんにちは。
鹿島神宮・・・改めてその歴史を知ることができました。
昨年、春日大社周辺を歩いた雰囲気を思いだしました。
鹿島アントラーズのことも・・・なるほどですね。
緑深い木立風景から、神社とお寺の違いこそあれ高野山の参道のことも思い出されます。
Commented by yokkosan3 at 2009-07-03 22:09
toruneto65さん
こんばんは
宝物館へは寄りませんでしたが国宝「ふつのみたまの剣」があるそうです。
剣によって天下を平和に治めた事から武の神として信仰を得ていたようですね。
椎の木の樹齢は800年ぐらいと書いてありました。
はるかなる時代に思いを馳せました。

Commented by yokkosan3 at 2009-07-03 22:36
poron55さん
こんばんは
奈良の鹿のはじまりは春日大社の創建の時にこの神社から神の
使いとして連れて行った鹿だそうです。
近くにはサッカー場もあrました。
アントラーズは鹿島神宮に関わりのある名前だったのですね。
まだ高野山へは行ったことがありませんが、参道の松並木や樹木
を見ていると歴史を思いました。
by yokkosan3 | 2009-06-30 22:02 | 旅行 | Comments(10)